かつて「週刊少年ジャンプ」(集英社)の新年号といえば、連載作家たちの集合写真が表紙を飾るのが恒例だった。

90年代の後半にこのスタイルは消滅し、その理由に関する様々な通説がまことしやかに信じられてきたが、「花さか天使テンテンくん」の作者で知られ、現在は「最強ジャンプ」(集英社)で「れいぞうこのつけのすけ!」「めちゃめちゃ!ブサイくん」を連載中の小栗かずまた先生がTwitterにてある逸話を明かした。

小栗先生は集合写真が表紙となったジャンプの画像を引用リツイートし、

昔少年ジャンプは、この集合写真の撮影の為に漫画家全員が一台のバスで温泉旅館に行き、宿泊して大宴会ってイベントをやっていたそうです。そしてある時誰かが『このバスがもし崖から落ちたら、ジャンプ終わりじゃん』と気付き、やめたとか(笑) (以前あるレジェンド先生から聞いたお話です。)

とツイート。さらに、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のファンサイト「こち亀データベース」のTwitterアカウントがコメントを寄せ、秋本治先生が同様の発言をしていたと、コミックの巻末ページでにわのまこと先生(「THE MOMOTAROH」など)が紹介していたことを指摘した。

情報源が編集部に限りなく近い存在なだけに、集合写真の表紙がなくなった理由の一つとしてかなり信ぴょう性が高いと思われるこのエピソード。ネット上では、

・もしそうなってたら、漫画史に残る大事件だな
・ある作家の写真を見て女性ファンが悲鳴をあげた説はデマだったのか?
・単に売り上げが落ちてきたからだと思ってた。
・スポーツ界では悲劇がありましたからね。
・移動を分散して復活して欲しい。

といった反響とともに、かつての風物詩を懐かしむコメントが多く見られている。

※画像はTwitter(@kazumata_oguri)より引用。

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「少年ジャンプで作家集合写真の表紙がなくなった理由は? 「花さか天使テンテンくん」小栗かずまた先生が逸話を明かす