製作総指揮/原案・脚本:日野晃博(「レイトン」シリーズ)×監督:百瀬義行(『おもひでぽろぽろ』原画 )×音楽:久石譲 (『千と千尋の神隠し』)という日本を代表するドリームメーカーが贈るアニメーション超大作『二ノ国』が8月23日より公開となります。

高校ではトップクラスの秀才で、車イスで生活している主人公“ユウ”の声を演じる山﨑賢人さんをはじめ、ユウの親友“ハル”役に新田真剣佑さん、2人の幼なじみでハルの彼女“コトナ”/二ノ国の王女アーシャの2役を永野芽郁さんが演じる本作。宮野真守さん、津田健次郎さん、坂本真綾さん、梶裕貴さん、山寺宏一さんといった声優ドリームチーム、さらにはムロツヨシさん、伊武雅刀さんら実力派俳優の参加も話題となり、この夏一番の超大作として期待が高まっています。

映画公開を前に、製作総指揮/原案・脚本を務めた日野さんが、 楽曲制作を担当した久石譲からの強烈な一言があったことを明かしました。

「この物語は『二ノ国』である必要がありますか?」完成したシナリオを見せた日野さんは、久石さんからこうコメント受けたそう。

この一言を聞いた日野さんは、「全くそのとおりだなと思って、また一からシナリオを描き直しました(笑)」と話し、一度は完成したシナリオをお蔵入りさせ、新たなストーリーを生み出すという苦難の道を選んだのだとか。

当初、映画『二ノ国』は、王宮を舞台にしたミステリーだったそう。日野さんは
「最初の物語はよりファンタジーな世界で、王様を殺したのは誰だ!? というようなストーリーだったんです。王様が死んだ理由を探っていく中で、実はそこに 涙なしでは語れない物語があるような、そんな王宮ミステリーだったんです」と幻のシナリオの一編を明かしつつ、「“一ノ国”と“二ノ国”の二つの世界を行き来するから面白いのであって、ファンタジーの世界だけが面白くても、それは“二ノ 国”と言えるのか?という課題を突き付けられましたね(笑)」と久石の一言に開眼したことを語っています。

この秘話を聞くと、幻となった感動の王宮ミステリーも非常に気になるところですが、日野は「『二ノ国』の映画を作るなら 一定のクオリティー以上のしっかりした作品を作らないといけないんです。色々な意味で覚悟を決めていかないといけない。 半端な作品にはできないという思いがありますからね」と、シナリオの練り直しという大きな決断を下した理由と、並々ならぬ映画化への想いを明かしています。

幼馴染のユウ、ハル、そしてコトナ。命の繋がりをもつ“一ノ国”(現実世界)と“二ノ国”の存在を知った時、3人の運命は二つの世界をまたにかけ、壮大且つドラマチックに展開してゆく。自分の愛する人を守るため、命を秤にかけることはできるのか? 果たして2人が下した決断とはー!?この夏、青春ファンタジーの新たな金字塔が誕生します!

『二ノ国』8月23日公開
http://wwws.warnerbros.co.jp/ninokunijp/

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「これは“二ノ国”である必要があるのか?」 生みの親・日野晃博を突き動かした久石譲からの強烈な一言とは?