8月1日に開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」。企画展「表現の不自由展・その後」に展示された慰安婦とみられる少女像や、昭和天皇の写真を焼き灰を足で踏みにじっているような映像などが問題視され3日で展示中止となった。

大村秀章愛知県知事や津田大介芸術監督に対し批判の声が殺到するなど大炎上状態となり波紋が広がる中、原口一博衆議院議員は8月5日『Twitter』にて

聖書やコーランを火にくべることが何を意味するのか。日本人が大切にしているものを燃すことが何を意味するのか。表現の自由、芸術の名の下に許されていいのか?表現の自由といえども人々の心を傷つけることまで容認されていいのか?私は許されていいとは思いません。抗議の声をあげるのは当然です。

とツイートし、その後(2)~(5)まで続けてツイートを行った。

反響を呼び、多くの返信が寄せられていたようだ。
ツイートに対して「テロの片棒を担いでいる」といったような返信もあったようで、原口議員はそれを否定。

また、その後も複数回にわけてこの件に関してのツイートを行うなどしてようである。

※画像は『Twitter』より

『Twitter』の埋め込み機能を使用し表示しています。ツイートが見れない方はコチラ
https://getnews.jp/archives/2188942[リンク]

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「原口一博衆議院議員「表現の自由といえども人々の心を傷つけることまで容認されていいのか」ツイートに反響