阪急電鉄の神戸本線・宝塚本線・京都本線が6月1日より車内を“はたらく言葉たち”でジャックした「ハタコトレイン」を運行。その車内広告の内容が波紋を呼んでいます。

パラドックス刊行の書籍『はたらく言葉たち』は、働く人たちの仕事観・哲学を言葉によって紹介し、新しいワークスタイルの再発見を促すもの。

「車内に広がる働く人たちの熱い言葉によって、働く意味や意義を見直すきっかけを掴み、言葉が明日の活力となるように、働く皆さんの背中を押せるプロジェクト」として掲載した一例にはこんな言葉が。

毎月50万円をもらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか。(研究機関 研究者/80代)

素直に受け取れば“仕事はお金よりも生き甲斐が大切”と言いたいのかもしれませんが、薄給の身で生き甲斐のない生活を送っている乗客もいるワケで……。

ネット上では「あほか。30万も稼ぐのに苦労している人間が日本にどれだけいると?」「今の時代、30万貰ってるならかなり貰ってる方だよ、阪急さん…」「電車通勤でこれが目に入るのはキツすぎる」「阪急電鉄ってワーカホリック富裕層しか利用しない交通機関なの?」「出勤時に阪急電車乗ってる人は毎日この広告見てるのか。地獄かよ」などと、感覚のズレを指摘する声が相次いでいる模様です。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「キツすぎる」「地獄かよ」 阪急電鉄の車内広告「(月給)30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がない」で物議