アンカー・ジャパンは6月7日、OSにAndroid TV 9.0を搭載したコンパクトサイズのスマートプロジェクター『Anker Nebula Capsule II』を発売。6月6日に開催されたプレス向け発表会『Anker Power Conference ’19 Summer』で実機が展示されました。

片手で持ち運べる円筒形の本体にプロジェクター機能と8Wのスピーカーを搭載。最大100インチで投影でき、初代モデル『Anker Nebula Capsule』と比べて明るさは2倍の200ANSIルーメン、解像度は1.5倍の720pに対応。従来機種はAndroid OSを搭載していたのに対して、Android TVの搭載により、アプリストアから『Netflix』『Amazon Prime Video』など3600種類以上のアプリをインストールして使用できるようになりました。

音声アシスタント『Google アシスタント』に対応。付属のリモコンに話しかけてスマートスピーカーのような音声操作ができます。『Chromecast』機能に対応し、スマートフォンやパソコンからプロジェクター画面にキャストが可能。HDMI、USB Type-Aに加えてUSB Type-Cポートを搭載。同梱のPower Delivery対応充電器を使えば約2.5時間で充電が完了します。価格は5万9800円(税込み)。60個限定2000円OFFの5万7800円で販売します。

『Anker Nebula Capsule II』主な仕様
解像度:1280×720画素
輝度:200ANSIルーメン
充電時間:約2.5時間(15V=2A USB Power Deliveryでの充電時)
再生時間:
動画 約3時間(ローカルコンテンツ再生時)/約2.5時間(Wi-Fi利用時)
音楽 約10時間(Bluetoothスピーカーモード時)
接続:Wi-Fi/HDMI/Bluetooth 4.0/USB Type-A/USB Type-C
サイズ:約150×80mm
重さ:約740g
パッケージ内容:Anker Nebula Capsule II、Power Delivery対応USB充電器、リモコン、USB-Cケーブル、クイックスタートガイド

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「Android TV搭載でパワーアップしたAnkerのスマートプロジェクター『Anker Nebula Capsule II』が発売