5月16日(木)、ヨシモト∞ホールにて『よしもとゲームズ 新作アプリ発表会』が開催。野性爆弾のくっきー、かまいたちの山内健司、濱家隆一、尼神インターの誠子、渚が出席し、一足先に新作ゲームを楽しみました。

よしもと芸人が登場する新作アプリとして発表されたのは、くっきーを題材にしたパズルゲーム『くっきーの進化論』(配信中)と、よしもと芸人が動物になって様々な陸上競技を行なう『対決!よしもと大運動会』(7月配信予定)。いずれもGoogle Play、App Storeにて無料でダウンロードできます。

くっきー本人がアプリに挑戦!

『くっきーの進化論』は、六角形でできた19マスの盤上で画面をスワイプしながら、同じキャラクターを掛け合わせ進化させていくパズルゲーム。キャラクターは過去にくっきーが“白塗りモノマネ”をしたよしもと芸人たちです。

近藤春菜(ハリセンボン)や後藤輝基(フットボールアワー)などをモデルにした白塗りアニメキャラクターが続々と登場すると、「似ている!」とくっきー本人も大ウケ。

「指を擦ると指紋がなくなっていくので、犯罪にも向いていますね」とボケるも、MCのタケトから「ありがとうございま~す」と軽くあしらわれていました。

濱家がキャラクターにクレーム?

『対決!よしもと大運動会』は、よしもと芸人が動物になって登場するカジュアルゲーム。スマホをタップ&スワイプして100メートル走や走り幅跳びなどが遊べます。シンプル操作で誠子、渚の女性陣にも大好評。

ゲーム内で登場する動物のキャラクターが紹介された際には、濱家が自身のキャラクターについて「適当にやりました?」と不満顔。モチーフがトカゲだと分かると「こんなツルツル?」とツッコミを入れて笑いを誘っていました。

なお、2019年秋にはターン制心理アクションゲーム『花瓶』(仮)のリリースを予定。よしもとゲームズの最新情報は公式サイトおよび公式Twitterにて。

よしもとゲームズ公式サイト:
https://games.yoshimoto.co.jp/

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「野性爆弾・くっきーのスマホゲームが登場! 白塗りモノマネがお手軽パズルゲームに