脚本をJ・K・ローリングが手がけ、『ハリー・ポッター』魔法ワールド新シリーズとなる『ファンタスティック・ビースト』(通称、ファンタビ)最新作、映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11月23日より全国公開しています。

『ファンタビ』は第1作めの『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が2016年に公開されており、現在公開中の作品はシリーズ第2作め。

前作以上に魔法の演出や世界観や増幅し、ワクワク感やストーリーは冒頭から加速! 『ハリー・ポッター』シリーズをより彷彿とさせる魔法ワールドが広がっています。前作を観ていない人は、「話についていけないんだろうな」と観るのを諦めるのは、まだ早い! むしろ、今作から観るのがオススメ!!

今作を観てから前作を遡って観ると、特にラストは感極まるものがあると思います。

実は、私は今作から『ファンタビ』シリーズを観たのですが、主要人物の関係性を少し頭に入れて鑑賞にのぞめば問題なく楽しめました。登場人物もまだそこまで多くないので把握できるはず!

『ファンタビ』シリーズは全5作の予定となっており、続きが……続きが気になりすぎるぅぅうう!! 前作は壮大なプロローグを兼ねていましたが、今作は登場人物たちの過去や明らかとなる事実、予想外の展開に早く次回作が観たくてたまらない!

おおまかなストーリーと登場人物

【あらすじ】
魔法動物を愛するシャイでおっちょこちょいな魔法使いの主人公・ニュートが、魔法界と人間界を脅かす強大な敵「黒い魔法使い」に立ち向かう物語。ニュートがいつも持ち歩いているトランクの中には、不思議な魔法動物たちと彼らを手懐ける道具が入っており、それらを駆使してピンチを乗り越えていく。
時間軸としては『ハリー・ポッター』シリーズよりも前の話で、若かりし頃のダンブルドアがキーマンとして登場する。

【登場人物】

◆ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)
『ファンタビ』シリーズの主人公。シャイでおっちょこちょいなイギリスの魔法使い。魔法動物学者で、オタク気質。ホグワーツ魔法魔術学校の卒業生で、恩師のダンブルドア先生から強大な魔法の力を秘めた謎の人物「クリーデンス」の捜索依頼を受ける。
前作の時にニューヨークで知り合った魔法使い「ティナ」に好意を寄せる。

◆ティナ(キャサリン・ウォーターストン)
アメリカ魔法学校で働く正義感の強い魔法使い。ニュートのことが気になっていたが、ニュートが婚約したという誤報を信じ、より一層仕事に打ち込むようになる。ニュートと再会しても勘違いしているため冷たい態度をとってしまう。

◆リタ・レストレンジ(ゾーイ・クラヴィッツ)
新聞でニュートと婚約したと報じられたが、正確にはニュートの兄・テセウスの婚約者。純血の名家生まれの魔法使い。ニュートとはホグワーツ魔法魔術学校の同級生で、在学中はとても親しい関係だった。
前作では、ニュートの仕事場に飾られた写真でのみ、リタの存在は登場していた。

◆ジェイコブ(ダン・フォグラー)
パン屋を営む陽気な人間(マグル)。アメリカの魔法使いたちは人間のことを「ノー・マジ」と呼ぶ。前作からニュートたちに巻き込まれ、魔法界を知ることになった。ニュートも心を許す、とても優しい人物。

◆クイニー(アリソン・スドル)
ティナの妹で人の心が読める魔法使い。ジェイコブのことが大好き。しかし、アメリカの魔法界の掟では人間との接触、恋愛は禁止されているため、ジェイコブと一緒にいたいティナは悩み、苦しんでいる。

◆グリンデルバルド(ジョニー・デップ)
圧倒的な魔法の強さに加え、柔らかな物腰、カリスマ性で人の心まで支配する力を持つ、史上最強の“黒い魔法使い”。独自の思想で魔法界と人間界の支配を企む。
※『ハリー・ポッター』シリーズの小説に名前は登場しており、ダンブルドアの宿敵とされている。

◆ダンブルドア(ジュード・ロウ)
ホグワーツ魔法魔術学校の先生でニュートの恩師。時期は違うが、ハリー・ポッターも教え子。現役の魔法使いとしては最高クラスの実力者。

◆クリーデンス(エズラ・ミラー)
強大な魔法の力を秘めた謎の青年。クリーデンス自身も力の正体や「自分が何者なのか」の答えを探し求めて旅をしている。その強大な力ゆえに、さまざまな人物が彼の行方を追う。

ビジュアル面も注目!

・個性的な魔法動物<ビースト>
『ファンタビ』シリーズには個性的な魔法動物も多数登場! 巨大な動物から小さな動物までたくさん出てきますが、今作は、大きなネコ科の魔法動物「ズーウー」がとても魅力的!
※写真はカモノハシとモグラの中間のような姿をした「ニフラー」。キラキラしたものを集めるのが好き。

・魔法世界を彩る衣装や装飾
冒頭からグリンデルバルドを乗せた馬車のような乗り物の装飾や演出にテンションが上り、今回の舞台となるパリの街に華を添える各キャラクターの衣装も素敵で目を奪われます。コートやドレスも見どころのひとつ!

第1作めを観ていなくても、ぜひ観て欲しい今作。上記のポイントを頭に入れて劇場へ!


映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』本予告【HD】
https://youtu.be/mQJWMJ1x6F8[YouTube]

ファンタスティック・ビースト公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/

(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「むしろ2作目から観るのがオススメ!『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』予習ポイントまとめ