日産自動車の会長だったカルロス・ゴーン氏の逮捕劇について、マスメディアは「ゴーン容疑者」として連日報じているが、このマスメディアの対応について、過去にジャニーズタレントが警察のお世話になった事件を思い出して、扱いの差に違和感を覚える人が多いようだ。

カルロス・ゴーンすら正式に逮捕される前から容疑者扱いされるって事はジャニーズの権力は世界第二位の自動車メーカーより上なのか…

山口達也は「メンバー」で
カルロス・ゴーンは「容疑者」
ジャニーズ事務所の影響力凄すぎるやろ

ゴーン容疑者を連呼するニュースを見るたび、犯罪で捕まっても○○メンバーで呼称してもらえるジャニーズ事務所の権力にビビるんですが……wwww

ゴーン容疑者って聴く度に
ジャニのメンバー報道が
いかに異常か改めて思う。

容疑者呼称は大物弁護士(元特捜部長)の最初の仕事かな。日産の日本人社長と検察とマスコミの連携リーク・バッシング報道で、実態が分からないまま、すごい犯罪者のイメージが出来上がっているが、脱税の話までは発展してない。いろいろと違和感のある事件だ。ゴーンを釈放して反論させるべきだろう。

ジャニーズ事務所所属タレントの事件報道では、過去に何人かが現行犯逮捕された時ですら、マスメディア、とりわけテレビは「○○メンバー」などという謎の呼称を発明してまで頑なに「容疑者」呼ばわりを避けていた。視聴率の取れるタレントが多く在籍するジャニーズ事務所に“忖度”した結果と言われている。

だが、“忖度”というなら、日産自動車もマスメディアにとっては毎年何十億円分もの広告出稿をしてくれている大スポンサー様であり、今後も付き合いが続いていくという意味ではジャニーズと同じ。逮捕される前のカルロス・ゴーン氏とは、ルノー取締役会長兼CEOにして日産自動車代表取締役会長にして三菱自動車工業の代表取締役会長。英国ではナイト・コマンダーに列せられる騎士様でもある。どうだい、この肩書き! しかも顔立ちはMr.ビーンにそっくり! もう世界を裏から操っていても何もおかしくない。それなのに、今回は日産に対しての“忖度”はなかった。これには陰謀論者でなくとも「謎の力が働いているのでは?」と訝ってしまうのも無理からぬことだ。

画像とソース引用:『Twitter』および『いらすとや』より
https://www.irasutoya.com/2017/10/blog-post_327.html[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「日本ではジャニーズタレント>>>世界的大企業のトップなことが判明 どんな力が働いているんだ……?