つい先日、トランプ大統領の支持をやめて政治から距離を置くと宣言したばかりのカニエ・ウェストのツイートが“炎上”している。

11月4日、カニエは自身の『Twitter』アカウントに「マクドナルドがお気に入りのレストラン」と投稿した。

彼のマクドナルド好きは以前から公言していることだし、なんということもないつぶやきのように見えるが、折しもアメリカではトランプ大統領の信任を問う中間選挙の真っ最中。そしてトランプ大統領の大好物はというと、マクドナルド。つまりこのつぶやきは「共和党に投票しようぜ」と暗に呼びかけているのではないか。そう受け取った人が多かったのだ。

意味深なカニエのつぶやきに対する反応の中で特に“炎上”の中心になっているのが、イギリスのバーガーキング公式アカウント。自社ではなくライバルのマクドナルドの味が好きという有名人の微妙な投稿に「あっ……(察し)」とだけ煽ったリツイートは75万以上の“いいね”を獲得して大拡散している。

さらにアメリカのバーガーキング公式アカウントまでもが「まだ目を閉じたままなのかも」と追随。これは、つい先日カニエが宣言した「俺は目が覚めた。政治とは距離を置いてクリエイティブに専念する」を揶揄したものと思われる。舌の根も乾かぬうちに行われた、ライバルのマクドナルドをダシにした選挙応援に、チクリとひとこと言ってやらずにはいられなかったのかもしれない。

※画像はイメージです。

画像とソース引用:『Twitter』および『pxhere.com』より
https://pxhere.com/en/photo/819864[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「マクドナルドがお気に入りのレストラン」――カニエ・ウェストのつぶやきに何かを察したバーガーキング公式が凸ってしまう