おげれつたなか先生が贈る人気BL漫画『ヤリチン☆ビッチ部』(通称、ヤリ部)を東宝がまさかのアニメ化! 発売中の『ヤリチン☆ビッチ部』第3巻アニメDVD付き限定版にOAD第1話が同梱されています。

さらに、2019年1月27日(日)にはアニメ『ヤリチン☆ビッチ部』スペシャルイベントの開催も決定!! ※イベントのチケット優先販売申込み券は『ヤリチン☆ビッチ部』第3巻アニメDVD付き限定版に封入。

“ヤリ部”に所属していながら、まだまだピュアな1年生、遠野高志役の小林裕介さんと加島優役の濱野大輝さんにインタビュー。

YouTubeで公開されているアニメPVや主題歌試聴PVが100万再生超えの超注目作である本作の印象や、個性あふれる主題歌についてなどお話を伺いました。

めちゃくちゃ想像力を掻き立てられる作品

――最初に関わったときの作品の印象を教えてください。

濱野:インパクトがすごく大きくて、こういった世界に少し疎かったので、世にはこんな作品もあるんだなと思いました。反響は大きかったです。違うキャラクターをやったときも、「濱野ってヤリ部の加島の人かな?」と言ってくれている人もいたり、「すごく良かったです!」というお手紙をいただけたりもして、そういう意味では反響も大きいしインパクトも大きい、一度触れたら忘れないタイプの作品なんだろうなと思いますね。

小林:僕も最初にタイトルだけを聞いた時は、「とんでもない作品がきてしまった」と思ったんですけど、いざ読んでみたらギャグの面白さが際立っていて、これは役者として面白くもできるし、上手くやらないとガッカリされる場合もある、だいぶ試される作品になるな、と思って収録にのぞんだことを覚えています。でも、いざやってみたら濱野さんとまったく同じで、ファンの方から「すごく良かったです」と言っていただけただけでなく、知り合いからまさかの「あれ出てるの!? めっちゃ好きなんだよね!」とカミングアウトしてくる人がポンポンと何人か出てきて。

濱野:僕もありました! 「今度頑張って」って言われました。

小林:実はこういう作品も好きだという、みんなのカミングアウト作品になりましたね。

――この作品は好きでも、なかなか大きな声でアピールできる人はいないかもしれないですね……。まずタイトルがすごいので(笑)。

濱野:僕はドラマCD第1巻が出たときに、完パケを貰うのを待たずにアニメイトに買いに行ったんですよ。やっぱりタイトルを言うのは恥ずかしかったです。

小林:なんでタイトルを言う必要があるの(笑)?

濱野:
どこに置いてあるかわからなくて店員さんに聞いたんだけど、「あの~、ヤリ○✕△※部ってありますか?」ってモゴモゴしちゃって(笑)。

小林:セクハラだよ!

濱野:そうなの! 下手したらちょっとしたセクハラになりかねない(笑)。

――お二人に言うことではないんですが、取材に行くのに編集部で共有しなくてはいけないので、私も作品概要とタイトルなど社内で言わなければならず、なんでこんな辱めを……と思いました(笑)。

濱野:光栄なことですね! でも、うちの事務所でもまったく同じ現象が起きていました。今となってはもう平気ですけど、最初は「どう略そうかな」と考えて。そういうこと、ありませんでした?

小林:
うちのマネージャーなんて何も気にせず。すっごい声の通るマネージャーなのに、カフェで「あの『ヤリチン☆ビッチ部』の件なんですけど~」って言ってて怒ったからね。「こら、バカ!周りの人こっち見てるから!俺も恥ずかしいわ!」って。

濱野:そりゃそうですよ(笑)。

――そんな作品がアニメ化すると聞いた時の心境は?

濱野&小林:せーの、正気か!?

濱野:これはもうキャストみんなが一貫して同じ気持ちですね(笑)。数々のBL作品をやってきた先輩たちなのに、「これをアニメ化するか!?」と驚いています。どんなアニメになるんだろうという期待感でワクワクしながらも、ハラハラしています。

小林:だって、どうしたって出しちゃいけない部分を出すわけじゃないですか。そうなると対象年齢が決まっちゃうし……。上手く隠すのかな?と思っていたらバリバリ出ていました。

濱野:器具とかも、てっきりきのこのイラストで隠すのかな?と思っていたんですけど、全然隠さず、勝負しに行っていますよね。東宝さん、やっぱりすごいです、ぶっ飛んでますよ。

小林:
すごい。守りに入らず、むしろ攻めてきた。

濱野:
そうですよね、「これでGOだ!」となったわけですもんね(笑)。

小林:面白くてやりがいがある、どうやってふざけてやろうか、とめちゃくちゃ想像力を掻き立てられる作品なので、だからこそ挑戦してみたいと大人たちが思わされちゃうんでしょうね。

アニメ化での変化は?

――それぞれのキャラクターの魅力を教えてください。

小林:遠野は何も考えずに写真部に行った結果、こういう事件に……。

濱野:事件?

小林:事故が起こる現場に(笑)来てしまいましたけど、彼は男性が好きという属性は一切なく、本当に一般の男子高校生だからこそ、とてもキャラクターが立っていて面白いと思わされます。それを失ってしまったら彼の魅力がなくなってしまうので、男性は好きじゃないと否定できる内は全力ですべてを否定してツッコミにまわっていくことが、彼の面白さが一番引き出せるのだろうなと思っています。一番異質じゃないことがこの作品では異質になっていることが彼らしいところですね。

濱野:その流されないところが遠野くんの良さでもありますし、ある意味ノンケ代表でこの作品にはいるので「遠野の気持ちはわかるけど、なんでブレないだ!?」というもどかしさも作品を見てくださっている方は、逆にツッコミにツッコめるというか。面白い立ち位置のキャラクターだなと思います。だって加島が何度向かって行っても全然揺れないですもんね。

――そういう加島はどんなキャラクターですか?

加島:加島は純粋な好青年で高校生でこんな友達いたらいいな、と思うような優しさもある真っ直ぐな青年だと思うんですけど、ときどき純粋が過ぎるというか……。あまり物事を拒まないので、すぐに相手の言うことを受け入れ過ぎて、「オイオイ」とツッコまれるようなちょっと天然なのかなと思わされるところもあります。

落ち着いたキャラクターなので共感できる部分はあったんですけど、やっぱり若々しさはあって、初めて男性に恋するドキドキや不思議な感覚を味わっているという部分で、自分の中にはない爽やかさを求められるキャラクターです。アフレコのリテイクでもそういうところを指摘されますし、演じていく上では彼の真っ直ぐさ、爽やかさをより意識して演じています。

――ドラマCDも現在第3巻まで発売されていますが、アニメになって変化はありますか?

小林:もちろん画(え)がつくという部分での大きな変化はありました。ドラマCDは原作の画はありますけど、自分の想像力でお芝居をして、間尺も自分のタイミングでやってよかったり自由度が高かった分、今回は画はもちろん、尺も決まった中でやらないといけない。それでいて画に負けないパワーを出さなきゃいけない、とむしろ求められるものが多くなっていて大変だったなとは思います。特に遠野はツッコミをいれてギャアギャア言っているので、ギャアギャア言いつつも、尺を気にする冷静な自分がいたりしました(笑)。

濱野:遠野くんはアニメではギャグ顔が多かったですけど、ツッコミ役ですから大変ですよね。

小林:だからドラマCDと同じセリフのツッコミだとしても、少しツッコミ方が変わっていたり、アニメでは別のアプローチをすることになりました。

濱野:アニメスタッフの方が原作のおげれつ先生の作った世界観を維持してより増幅させていて、作画も本当にキレイな作品になっています。キャラクターたちも生き生きしていて『ヤリ部』の世界観が本当に飛び出してきたなという感覚がありました。

小ネタにも注目!

――アニメ第1話から登場キャラクター勢揃いですね、ジミーくんも出てきて。

濱野:ジミーくんのインパクトは相当ありますよ。熊谷健太郎くんのあんな声はなかなか聞かないですもん。

小林:僕もあんな印象はなかった。

濱野:だから、彼もやっぱり自分の中に持っているんですよ。不思議な闇の部分を(笑)。

――アフレコ現場で印象的な出来事があれば教えてください。

小林:相変わらず、笑いを我慢しなきゃいけない苦痛(笑)。テストのとき、今度から我慢しないで笑っちゃおうか?

濱野:でもテストは、後ろにいるみんなは笑ってますよ。遠野は比較的どのシーンも出てるのでマイク前にいるから気付かないかもしれないですけど。僕は、本番は笑ってノイズがのるのが怖いときはもうブースの外出ちゃいますし(笑)。

――そうなんですね(笑)。

濱野:もう絶対笑うんですよ。わかっていても笑うんで。本当に和気あいあいとした部活みたいな仲の良さもあって、ドラマCDのときも新人としてドキドキして行っていたところを先輩たちがほぐしてくれました。今回のアニメ収録ではテンションもずーっとみんな高かったので、ツッコミ、ツッコまれみたいなクロストークでラジオをやっているような感覚でした。また、朝からの収録だったので「朝から録る作品じゃないよ~」とか言って(笑)。

小林:「そうっすよね~」って言いつつ、遠野の叫ぶシーンとか録ると「朝から響くね、小林くんいいね~!」って部長(代永さん)が褒めてくれる(笑)。あと、OADの2巻のときに、ゲームが出てきたんですよ。

濱野:
あ、出た! あの部分はコンプライアンスに関わりますよ。

小林:ゲーム機とゲームタイトルが出てきたんですけど、みんながちょっと面白い感じに言い換えていて。

濱野:音響監督も含めてみんなで相談しましたもんね?

小林:さすがに「メーカーにケンカを売ることになるからやめよう」ってなりましたけど(笑)。

濱野:結局、どれが使われているかわからないので見てからのお楽しみです。そういう小ネタも楽しみにしていてほしいです。

印象が変わったキャストは?

――この作品では、キャストさんの様々な一面が引き出されていると思いますが、印象が変わったキャストさんはいますか?

濱野:僕は(百合絢斗役の)佐藤拓也さんとしっかりお会いしたのはこの作品が初めてでした。その前にも、アニメの収録でお会いしたことはあったんですけど、その時はとてもクールな役でカッコいい声でお芝居されていて「ああ、あれが歌も出されていてカッコいい賢プロの佐藤さんだ」と思っていたので、この作品での最初の衝撃はすごかったですね。スチャッてサングラスをかけて、なんかウォーミングアップしながらマイク前に入っていくのを見て、この人は俺の知っている佐藤さんじゃない!って(笑)。

小林:本当に声優さんてすごいなと思いましたね。僕も初めてやったBL作品のお相手が佐藤さんだったんです。そのときの印象が強すぎて、百合くんのキャラを見て「待って待って、あの時の人がこんなに崩れるの?いや、そんなまさか」と思っていたので、収録が始まったら(その技術に)「すみません!」となりました。

濱野:いやぁ、本当にすごいですよね。

小林:まぁ、ここまではっちゃける作品でみなさんとお会いしたことがないというのもあるんですけど。

濱野:糸目先輩役のまっぴー(山中真尋)さんも、あんなに声を出さないまっぴーさんはなかなか見ないですよね。喋ってるんだか喋っていないんだかわからない(笑)。「ん」とか「あ」しか言わない。ほぼ吐息! イベントでもまっぴーさんが話をしてくれると思うんですけど、僕は歌収録のときの話が大好きなんですよ。それはまっぴーさんの口から絶対に言ってくれると思うので、楽しみにしていてほしいです。

小林:その話たぶん聞いてないな。

濱野:あ、本当ですか? 絶対イベントでその話をしてくれると思うので。

小林:何より心配なのは、イベントでもし朗読劇なんかあったときには、もう音響さんが(糸目の)マイク音量を最大まで上げないとみんなの声に埋もれて何も聞こえないんじゃないかっていう。

濱野:ハウリングするくらいに上げないと(笑)。

小林:あと、やっちゃんみたいな黒いキャラの村瀬歩くんを僕は見たことがなかったので、汚い言葉で人を罵る村瀬!というのが衝撃でした。

濱野:「おい、ブス!」ってセリフに毎回ケタケタ笑っていましたもんね、キャラクターとしては自分が言われてるのに(笑)。

小林:もう印象が変わった人しかいない!

主題歌遠野ソロVer.はアドリブ!

――主題歌がヤリ部全員バージョンとソロバージョンがありますが、これ同じ歌かな?と思うくらい個々でアレンジされていますよね。

濱野:そうなんですよ。これはずっと言ってるんですけど、僕(加島)は騙されて真面目に歌わされてるんだと思っていただきたいです。

小林:遊ばなかったわけじゃなくて、遊ばせてもらえなかったんだ!と。


・「ヤリチン☆ビッチ部」主題歌「Touch You~加島ver.~」試聴PV
https://youtu.be/NdtOQ8IYi88[YouTube]

濱野:だって普通はもらったものを仮歌通りに真面目に一生懸命キャラクターとして歌うじゃないですか。みんながまさかあんな風になっているとは思わなくて、「ちょっと悔しいですね」という話をアフレコのときにもしたら、「いや、加島は真面目でいてくれないと!」って言ってくれるんですけど、そんな先輩方と小林さんが生き生きとふざけているのを見ると、やっぱり少し悔しさは残りますね。

――そんなみなさんの様子を見てしまうと少し寂しいですよね。

濱野:ただ、加島のキャラクターとしては想いをのせて歌っているので、楽しんで聴いてもらえたら嬉しいです。

小林:僕は全体バージョンは普通にノリよく歌って、いざソロを録ろうとしたときに「じゃあ先に録っている方たちがいるので、まず百合くんのやつを聴いてもらっていいですか」と言われて。

濱野:事前に聴かせてもらえて羨ましい。

小林:あの悪意しかないトップバッター百合。


・「ヤリチン☆ビッチ部」主題歌「Touch You~百合ver.~」試聴PV
https://youtu.be/GfRBW9UsYCI[YouTube]

――全然参考にならなそうな……(笑)。

小林:言いました! 「これ、最初に聴くやつじゃないですよね?なんの参考にもならないですよ!」って。つまりこれくらいやっていいんだな、むしろやらずに「イマイチだったな」と思われちゃったら悔しいと思ったんです。当初は自分で持っていったプランがあったんですよ。でも、それを全部捨てて、書いていない歌詞をいろいろ付け足しました。だから、イベントとかで最初の歌詞はこれです、って見せて欲しい。歌詞カードには全体バージョンの歌詞しかないから。

濱野:(歌詞カードを見ながら)そう、元はこれなんですよ。それなのにあのソロはどうなんですか? 自由過ぎません?

小林:歌詞カードはあと5、6ページないと。それぞれの変更前と変更後の歌詞カードをCDに付けるくらいにしていただきたかった! そこらへんの話はイベントで、歌詞を用意してもらいたい!

濱野:収録の様子も映像に残しておきたかったくらいですよ。どれだけみんながふざけていたのかって。

――では、あの遠野ソロの歌詞は小林さんのアドリブみたいなものなんですか?

小林:3分の1くらいはアドリブだったと思います。本当に自由だった。

濱野:すごい、もう遠野が降りてきているんですね。

小林:そうですね、もう何をやっても遠野になっちゃう不思議。


・「ヤリチン☆ビッチ部」主題歌「Touch You~遠野ver.~」試聴PV
https://youtu.be/ehFuUAobYWQ[YouTube]

――加島は今回普通に歌いましたが、今後一緒に歌いたいキャラクターを挙げるなら誰?

濱野:百合くんは嫌だなぁ……。百合くんとジミーは一緒に歌えばいい。2人で歌うとちょうどバランスがとれそうなので。僕は1年生ズでやりたいですね。

小林:いいですね。もう遠野はひたすら2人を褒めつつ、「ああ、そうだな!(ニコ)……チッ」て言ってるやっちゃんに「こわいこわい、これ加島知らないんだよな」とツッコミを入れてるみたいな。

濱野:それで、僕はずーっと真面目に歌って……って変わらないじゃないですか!

小林:それはどこまで行っても変われないよ(笑)。

――では、最後に今後こんな展開をしたいと希望があれば教えてください。

濱野:僕1コあるんですよ。

小林:おお!?

濱野:某テレビ番組で、海外から来た人が『ヤリ部』のファンだったんですよ。

小林:ああ、見た見た!!

濱野:空港でインタビューした確かフランス人の女性が、アートが好きで日本に来たと答えていて、「ちなみに何の作品が好きなんですか?」と聞かれて『ヤリチン☆ビッチ部』と言っていたんです。

――それ放送されたのすごいですね。

濱野:ちゃんとパッケージ画像も出て。だから、その人に会いにフランスまで行きたい!

小林:僕らがフランスに行くんだ? じゃあフランスで収録しようぜ(笑)!

濱野:フランスでイベントやりたい! 東宝さんなら絶対できる!

小林:まじかよ!

濱野:海外のファンの方もたくさんいると聞いているので、そういう方々にも発信できる何かができたらいいなと思います。

小林:
じゃあそれに僕も便乗するということで。これ以上面白い展開の仕方はない(笑)。

濱野:フランスでイベントをやったら、あの番組に出ていた人は絶対に来てくれますよ! もうアニメ化するところまできていますから、次はまた大きく羽ばたけるのを楽しみにしています。

――今後の展開がどうなるのか期待しています! ありがとうございました!

※実際に某テレビ番組でインタビューされていた『ヤリ部』のファンの女性はノルウェーの方でした。ノルウェーを含めた海外展開に期待!

現在アニメは第2話まで制作決定! それぞれのキャラクター紹介PVで流れている楽曲を収録したキャラクターソングシリーズも10月より3ヶ月連続リリース。個性際立つソロ曲のほか、封入特典に「いちご」「ばなな」をテーマにしたおげれつたなか先生描きおろしのショート漫画が収録されます。

明日11月7日は、田村唯・百合絢斗・ジミーのキャラクターソングCD「いちご味」が発売! 百合くんが歌う「ズボズボウォント☆ウォントゥボゥボゥ」のフルVer.が聴けますよ!

佐藤拓也さんと代永翼さんが登壇したアニメ化発表イベントレポートはコチラ↓
BL漫画『ヤリ部』まさかのアニメ化!佐藤拓也「百合くんの台本は擬音か文字化け」[AJ2018ステージレポ]
https://otajo.jp/71891

CD情報

・2018年10月17日(水)発売 ヤリチン☆ビッチ部 キャラクターソングシリーズ
「ちぇりー味」/遠野高志・加島優・矢口恭介
【収録曲】
01.イケナイ♡ラブ/遠野高志(CV:小林裕介)
02.to・ke・te/加島優(CV:濱野大輝)
03.アイ・マイ・フレンドシップ/矢口恭介(CV:村瀬歩)
04.イケナイ♡ラブ(Instrumental)
05.to・ke・te(Instrumental)
06.アイ・マイ・フレンドシップ(Instrumental)
【品番】THCS-60227
【価格】¥1,500(+税)
【仕様】アニメ描き下ろしジュエルケース
封入特典:おげれつたなか先生 書き下ろし漫画(2p)

・2018年11月7日(水)発売 ヤリチン☆ビッチ部 キャラクターソングシリーズ
「いちご味」/田村唯・百合絢斗・ジミー
【収録曲】
01.ズボズボウォント☆ウォントゥボゥボゥ/百合絢斗(CV:佐藤拓也)
02.Instinct/田村唯(CV:小野友樹)
03.Mellow mellow Lily/ジミー(CV:熊谷健太郎)
04.ズボズボウォント☆ウォントゥボゥボゥ(Instrumental)
05.Instinct(Instrumental)
06.Mellow mellow Lily(Instrumental)
【品番】THCS-60231
【価格】¥1,500(+税)
【仕様】アニメ描き下ろしジュエルケース
封入特典:おげれつたなか先生 書き下ろし漫画(2p)

・2018年12月19日(水)発売 ヤリチン☆ビッチ部 キャラクターソングシリーズ
「ばなな味」/明美圭一・糸目幸士郎・鹿谷樹
【収録曲】6曲
【品番】THCS-60234
【価格】¥1,500(+税)
【仕様】アニメ描き下ろしジュエルケース
封入特典:おげれつたなか先生 書き下ろし漫画(2p)

ヤリチン☆ビッチ部:
http://yaribu.jp/[公式サイト]

(C)おげれつたなか/幻冬舎コミックス・私立モリモーリ学園

 

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「印象が変わったキャストしかいない!? BLアニメ『ヤリチン☆ビッチ部』小林裕介&濱野大輝インタビュー 主題歌収録の裏話も!