11月はAmazon Prime Videoの人気バラエティ新シーズンが3作品も登場! 11月9日(金)より『戦闘車』シーズン2(全5話)、11月23日(金)より『今田×東野のカリギュラ』シーズン2パート2(第9〜18話)、11月30日(金)より『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン6(全4話)がそれぞれ独占配信となります。

『戦闘車』は、卓越した運転技術を持つ芸能人たちが「戦闘車」に乗り込み、命がけで様々な競技に挑む“自動車戦闘バラエティ”。

スケールアップしたシーズン2は、浜田雅功(ダウンタウン)が率いる浜田軍と、矢部浩之(ナインティナイン)が率いる矢部軍に分かれ、芸人、俳優、ミュージシャン、アイドル、格闘家、さらにプロのレーシングドライバー達からなる総勢21名が、スピードや度胸が試される自動車バトルで対戦します。

<浜田軍メンバー>
千原ジュニア(千原兄弟)、千原せいじ氏(千原兄弟)、原田龍二、魔裟斗、篠原信一、松岡充、高岡早紀、鈴木亜久里、脇阪寿一

<矢部軍メンバー>
哀川翔、小沢仁志、藤本敏史(FUJIWARA)、原西孝幸(FUJIWARA)、佐田正樹(バッドボーイズ)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、じゅんいちダビッドソン、南明奈、土屋圭市、織戸学

各軍の戦闘車両6台ずつで巨大サッカーボールを転がし相手のゴールを狙う「戦闘車サッカー」。全長63mのリンクで各軍の戦闘車両3台ずつが戦う「戦闘車カーリング」など、今回も「地上波じゃできないんじゃないですかね」(浜田)、「今テレビでは出来ない」(矢部)と、数々のバラエティ企画を経験してきた両者も舌を巻く内容になっている模様です。

『戦闘車』シーズン2予告編(YouTube)
https://youtu.be/60600MHedew

今田耕司と東野幸治のWコウジがMCを務める『カリギュラ』は、地上波テレビではマニアックすぎて視聴率が見込めない企画や、自主規制的にNG、くだらな過ぎるなどの理由で実現しなかった企画を掘り起こし、実現していくバラエティシリーズ。

パート2では前シーズンで好評だった企画がさらに進化し、カリギュラの中でも最も危険な企画に挑戦する「危険企画~これ実現できますか?」。芸人の父親にドッキリで美女の誘惑を仕掛ける「私の父は大丈夫?ドキドキ浮キッス~愛の修羅場編~」。青山テルマ、丸山桂里奈、伊藤修子、箕輪はるか(ハリセンボン)、スパイクが女ゾンビに扮し、誰が一番ゾンビになりきれるかを競い合う「ROAD TO WALKING DEAD 第1回女ゾンビオーディション」。さらにはWコウジが挑戦する壮大なロケ企画も控えているそうです。

『今田×東野のカリギュラ』シーズン2パート2予告編(YouTube)
https://youtu.be/JgBwa6HPj4w

松本人志がプレゼンターを務める『ドキュメンタル』は、参加者10名が各自参加費100万円を持参し、制限時間6時間内に笑わずに最後の1人となるまで残った人が優勝賞金1000万円を手にする“密室笑わせ合いサバイバル”。

シーズン6は初参戦の村上ショージ、友近、近藤春菜(ハリセンボン)、真栄田賢(スリムクラブ)、ゆりやんレトリィバァと、経験者のジミー大西、藤本敏史(FUJIWARA)、陣内智則、黒沢かずこ(森三中)、大悟(千鳥)の計10名が参加。女性メンバーの人数が過去最多となり、激戦を繰り広げてきたこれまでのシーズンとまた違う新たな“笑い”の仕掛け合いが期待できそうです。

『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン6ティザー予告(YouTube)
https://youtu.be/Chl5SpxopiA

Amazon Prime Videoの強力ラインアップで早くも師走並みの忙しさを覚悟しなければならなそうですね!

(C)2018 YD Creation

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「11月のAmazon Prime Videoがアツい! 『戦闘車』『カリギュラ』『ドキュメンタル』の最新シーズンを配信