流行りの「バーチャルYouTuber」の草分け的存在である「キズナアイ」。
先月9月末には、NHKのノーベル賞解説動画に登場した。


それに対し、ネット上では何かと有名な太田啓子弁護士(@katepanda2)が意見を述べ論争に。

弁護士 太田啓子(katepanda2)ノーベル賞解説のwebページに使用されているキズナアイにいちゃもんをつける
https://togetter.com/li/1272788[リンク]

10月3日には、社会学者の千田有紀・武蔵大学社会学部教授(@chitaponta)の

ノーベル賞のNHK解説に「キズナアイ」は適役なのか? ネットで炎上中
https://news.yahoo.co.jp/byline/sendayuki/20181003-00099158/[リンク]

という文章が掲載され、その後の御本人のツイートとあいまってかなりの炎上状態となる。ネット炎上界に新しいスターの誕生かということで一部のネットユーザーが注目することとなったが、10月9日10時の時点で、千田教授はツイートを非公開にしてしまったようである。

そんなこんなで、なにかと話題の渦中にいるキズナアイであるが、このタイミングで


10分で分かるキズナアイ!
https://www.youtube.com/watch?v=JWM9Scf_pck[リンク]

という動画をアップしている。興味のある方、ご覧になってみてはいかがだろうか。「キズナアイ」のイントネーションが本人のものと違う方は多いような気もする。
まあ、この動画を見ただけでは「?」かもしれないので、下記の「ニコニコ大百科」なども一緒に読むのがよいかと思われます。

http://dic.nicovideo.jp/a/キズナアイ[リンク]

※画像は『Youtube』より

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「なにかと話題の「バーチャルYouTuber」のキズナアイとは?  動画「10分で分かるキズナアイ!」