犬型ロボットの代名詞といえば『aibo(アイボ)』だと言う人が多いと思います。中には、「ボストン・ダイナミクスの『SpotMini(スポットミニ)』」という人もいることでしょう。『SpotMini』は、「キモイ」だの「不気味」だの言いたい放題言われてきましたが、いよいよ来年発売となるようです。

人間の敵になるんじゃないか、という潜在的恐怖を与える『SpotMini』の「不気味」な動きとは対照的に、人間と共存できるんじゃないかと思わせてくれる動きをする犬型ロボット『ANYmal』の動画が公開されています。動画を公開したのはチューリッヒ工科大学(ETH Zurich)です。

Articulated Locomotion and Manipulation for ANYmal (YouTube)
https://youtu.be/XrcLXX4AEWE

無造作に捨てられたペットボトルを見つけ、拾い上げます。

ゴミ箱へポイっ。

重たい箱を運ぶお手伝い。

ドアだって自分で開けられます。

SF映画で悪役が引き連れている犬型ロボットが『SpotMini』だとすれば、さしずめ『ANYmal』は正義の味方側の犬型ロボットといった感じです。ロボットは人間に優しく、人間は自然環境や地球に優しくしていかないと、末恐ろしい近未来が待ち受けていそうです。それにしても、もうちょっと『aibo』的な可愛らしいデザインにならないもんですかね。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=XrcLXX4AEWE

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「ボストンの犬型ロボットよりは怖くない!? チューリッヒ工科大学の『ANYmal』