他人に話したら「んなぁこたぁない!」と言われそうな場面に出くわしました。

先日、渋谷の街を歩いていると、オールバックにサングラス姿の集団を発見。

たむらけんじリスペクトか……!?

いや、待てよ。スーツ姿にハンドマイク……、あっ!

まさか!

もしかして!

渋谷駅周辺にいくつも掲出された『モンスターストライク』5周年キャンペーンのポスターとほぼ一致。

ははあん、さてはお前ら、タモリさんだなッ!

急に親近感がわいたので話しかけてみた

――こんにちは!

「ヤバババーン」

――だいぶ涼しくなってきましたね。夜はマイナス気温になることも。

「ヤバババーン」

――『モンスト』の宣伝か何かですか?

「ヤバババーン」

――……。

個々のクオリティはさておき、何を話しかけても共通して「ヤバババーン」としか応えてくれないRPGの村人的設定があるようです。失礼ながら……ちょっと面倒臭いぞ、タモリさん。

当然のごとく渋谷の街を歩く人たちからも注目を集め、SNS上では「渋谷、ニセタモリがいっぱい…」「タモリっぽいのが渋谷にあふれてる」「タモリっぽい格好でヤババババーンって言いながら歩いてるのまじでヤベェと思う…」といったコメントが溢れていました。

それにしても「ヤバババーン」って何なのさ!

タモリさんたちを追いかけてみた

渋谷のスクランブル交差点から神南方面へと向かっていくタモリさんご一行。何となく気になるので、毎度おなじみ流浪のタモリさんたちを追いかけてブラタモリを決め込むことに。

途中でタモリさんたちの別の集団とすれ違うカオスな状況もありつつ、引き続きお昼休み返上でウキウキWATCHINGです。

渋谷センター街にも至る所に『モンスト』5周年のポスターが。も、もしかして……、集団の中に一人だけ本物のタモリさんが混じっていたりするのでは!?

「ヤバババーン」

はいはい、そうですよね。そうでした。

そうこうしている内に『モンスト』グッズやオリジナルカフェメニューが楽しめるXFLAG STORE SHIBUYAに到着。

ストア内では、タモリさんたちが訪れたお客さんにオリジナルの絆創膏とテープを配っていました。この日は筆者もグッズを受け取って大人しく帰ることに。

結局「ヤバババーン」の意味は分からず終いでしたが、『モンスト』公式によると彼ら(ヤババ隊というらしい)は今後も全国の主要都市に出没する予定とのこと。見かけても話しかけるなよ! 絶対に話しかけるなよ!

「ヤバババーン」プロジェクト特設サイト:
https://www.monster-strike.com/promotion/5th_anniversary/project.html

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「渋谷をブラブラしてたら“タモリさん(?)の大群”と出くわした →話しかけても全く会話が成立しねえぇぇ!