10月2日放送の報道番組『news zero』(日本テレビ系)でタモリが有働由美子アナウンサーと対談。タモリ流のテレビ論を語った。

『news zero』は10月より大幅リニューアルされ、メインキャスターに元NHKアナウンサーで現在フリーとなった有働由美子アナウンサーを起用している。

リニューアル後2回めとなるこの日、番組の中盤でタモリと有働アナの対談を放送した。

テレビはわからないところを残したほうがいい

「テレビは見るものじゃない、出るものだね(笑)。テレビ出てると面白いでしょ?いろんなこと経験できるし」と語るタモリ。

長年テレビ番組に出演し続けていることについて、「(出演していて)ずっと面白かったね。見ている方には悪いんだけども、見ている側に立って何かをやったりすることはほとんどないのかもしれない。自分が面白いから自分でやっているところがありますね」。

「自分が面白いものは見ている人の大多数がだいたい面白がるだろうと思ってやっている。それがズレたらズレたでいいですね。たぶん相当ズレてるところもあると思うんです。でも、それでいいんじゃないですか」と有働アナに投げかけた。

タモリは新人の頃、「あんたね、テレビ見ている人にはわかんない(伝わらない)よ?」とずっと言われていた時期があったという。その言葉を聞いた当時、「この人はテレビを見ている人のことをバカにしているなと思ったんですよね。『あ、絶対バカにしてるわ、この人達は』と。わからなくてもいいから、それをやらないとやっぱり面白いものはできないだろうと思ったんです」とタモリ流の考えを述べる。

タモリがテレビに面白さを感じたきっかけは、1965年から深夜に放送されていた、社会問題からお色気までさまざまな題材を扱った番組『11PM』。

「親はあれを見ちゃいけないと言うんですよ。でも、こそっと見てたんです(笑)。テレビを見ていて、スタジオでスタッフの笑い声が入るんです。エッチなとことか、何が面白いのかわからないところがいっぱいあるんですよ。見ていてわからないことで笑っているから、そのわからないことが『なんだろう?』って興味を持つきっかけになったんですよね。それで僕はテレビを必死に見るようになって。だから、俺はテレビはわからないところを残したほうがいい、ってずーっと思っていたんですよ」とタモリ。

有働アナは、「わからないと視聴者が離れるんじゃないかと思って、子供から大人まで万人にわかりやすく説明を加えたり……」とNHK出身者らしい考えを述べると、「僕はニュース番組はやったことないからわからないけども、僕の場合は子供からお年寄りまでわかるような番組をやろうと思ったことは一度もないですね。わからないところはわからないでいいと思う」と返した。

内容がない、薄っぺらなティッシュみたいな人生

また、あまりインタビューなどに応じないタモリ。本当は今回の対談も断ろうと思っていたが、有働アナだから引き受けたという。自分のことをあまり話さないことについて、「僕は内容がないんですね。内容がないから、『平和について講演会を開いてくれ』と言われても2秒くらいしかできない(笑)。だから、対談も講演会もお断りしているんです」と理由を明かすも、「そうするとますます価値あるようなものに見えてきて、この人は相当なことを考えているんじゃないか、いろんなことを考えてらっしゃる、とか」と、自分の思惑に反して周囲からの期待が大きくなってしまっているようだ。

本人は「(自分は)まったく内容がないです。薄っぺらなティッシュみたいな人生」とユーモアたっぷりに自分を表し、「爪を隠しているのかと思う」と有働アナに言われても、「隠してないです。爪がないんですから」と笑った。

しかし、長年続けている歌番組の司会について触れると、「テレビで歌うことは一番歌手は苦手なんですよ。ライブだとだんだんノッていけるじゃないですか。シーンとしたスタジオで、しかも他の歌手の人が聞いてる前で1曲歌うっていうのは大変なことで、それだけですごいあがっているんです。だから、トークの場面なんて頭にないんですよ。見ていると待ち時間にずーっと歌詞を言っていたりしますからね。歌番組の場合はなるべく歌手の邪魔にならないように」と、その気遣いを伺わせた。

そんなタモリは、「最近は褒められたい(笑)。ずーっといろんな批判ばっかり受けてきたんで、最近はちょっと褒められたいな、と」と意外な心中を吐露。

批判が気になるか尋ねられ、「気になります、ものすごく気になります。気は弱いですからね。だから、何が書かれているかわからないですからネットなんかも一切見ないですよ」と語り、「人の評価は気にならないです。ただ、最近褒めてほしい(笑)」とまとめた。

また、有働アナは以前タモリからのVTRメッセージで「有働さんはゲストが来てもニコニコしているようで人を小馬鹿にしているようなところがある。一度僕の人生を全否定してほしい」と言われたことへの真意を問うと、「小馬鹿にされたいんですよ。男というのは、好きな女から叱られたいんです。それが気持ちいい(笑)」とタモリらしい答え。

「あんたティッシュペーパーみたいな生き方ね。みたいな?」と少し小馬鹿にしたような言葉を有働アナがかけると、「いいね、それすごいい!」と大喜びし、「ちょっともう1回言って」とリクエストする場面もあった。

※画像はnews zero公式Twitter(@ntvnewszero)より。

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「タモリ「子供からお年寄りまでわかる番組をやろうと思ったことは一度もない」自分は「薄っぺらなティッシュみたいな人生」