マイアヒ~、マイヤホ~、ノマノマイェイ!

妙に心地の良いメロディに空耳ワードが散りばめられ、何語かわからないけど思わず口ずさんでしまうO-ZONE(オゾン)の『恋のマイアヒ』(初リリースは2003年)。日本でも大ブームを巻き起こした伝説の空耳ソングが、平成最後の夏によみがえった!

Dan Balan – Numa Numa 2 (feat. Marley Waters)(Youtube)
https://youtu.be/jKcBZlPHC3o

O-ZONEの中心メンバーだったダン・バランが『恋のマイアヒ』発売から15年という節目の年にアニバーサリー“マイアヒ”を発売。『恋のマイアヒ2018 ~ノマノマ・ダンス』として9月12日より全世界でリリースされた。おなじみのサビはそのままに、新たにノリノリのラップを追加。ウガンダの子どもたちが驚異的なダンスを披露しているミュージックビデオも必見だ。

なお、ダン・バランは9月17日(月・祝)に放送される『MUSIC STATION ウルトラFES 2018』(テレビ朝日)への出演が決定。13年振りに『恋のマイアヒ』を披露する予定だ。「飲ま飲まイェイ」が脳内リピートしまくった世代はもちろん、新世代のキッズやティーンたちも虜にしちゃいそうな予感。当時は楽曲から派生したパラパラダンスやFlashムービーが流行したが、今回は果たして……。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「飲ま飲まイェイ! 伝説の空耳ソング『恋のマイアヒ』さらにノリノリになって復活