6月4日発売の人気コミックス『ONE PIECE』89巻に掲載された、作者・尾田栄一郎先生のコメントが「不謹慎ではないか」と指摘されている問題。14日、集英社が「編集部、作者共々反省しております」とコメントを発表した。

故・横井庄一さんを残り物の唐揚げに例える

尾田先生は89巻の表紙カバーで、大皿にひとつ残った唐揚げについてコメントを掲載。太平洋戦争終戦を知らないまま28年目にグアム島の密林で発見された残留日本兵・横井庄一さんに例えて、「横井軍曹」と名付けたエピソードを紹介していた。

89巻の発売以降、ネット上で「お国のために最後まで戦った英雄をネタに笑わせようとしてんのか?」「国のために犠牲となった横井さんの人生を傷つける表現には、早めに謝罪した方が良い」といった意見を集めていた。

「謝罪いる?」の声も

集英社は『週刊少年ジャンプ』の公式サイトで、「6月4日に発売したコミックス『ONE PIECE』89巻の作者コメント欄において、配慮を欠いた表現がありました。編集部、作者共々反省しております。今後は、より一層表現に留意して参ります」と、編集部名義でコメントを掲載。

「謝罪は当然」「回収はしないのか」「集英社のチェックはなかったんかな?と思うよね」といった批判を引き続き集めている一方で、「横井さんの親族が抗議したの?」「たくさんの人に読まれる作品描く人は大変やな」「そもそも面白くないけど謝罪の必要はないと思う」と今回の炎上騒動を疑問視する意見もあるようだ。

※トップ画像は『週刊少年ジャンプ』2017年33号(『ONE PIECE』連載20周年記念号)表紙

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「『ONE PIECE』最新刊の作者コメントで物議 横井庄一さんへの「配慮を欠いた表現」で集英社がお詫び