日本大学のアメリカンフットボール選手が関西学院大学の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、22日、当該の日大選手が実名を公表して謝罪会見を開いた。監督・コーチから違反行為の指示があったと本人の口から説明され、マスメディアやネットはその話題でもちきりだ。


23日、美容外科・高須クリニックの高須克弥院長は、自身の『Twitter』(@katsuyatakasu)で会見について触れ、「僕のできることなら何でもお力になろうと思います。でも何ができるでしょうか?」とツイート。


フォロワーとのやり取りの中で、「顔を出して謝罪した彼を僕は高く買います。高須グループがほしい人材です」と太鼓判を押した。


またフォロワーから「アメフットの強い海外の大学への留学支援はいかがでしょう?日大に通うのもツライのではないかと…」と水を向けられると、「彼が望みそれを大学が受け入れるなら全面的に支援を約束します」と、もし当該選手がスポーツ留学を希望するなら資金援助もやぶさかではない意向を示した。

ネット上では、「お金の正しい使い方」「本人はやめると言ってるけどもし望むなら助けてあげて欲しい」「ケガをした相手選手にも手を差し伸べてくれ」など、様々な反響を呼んでいる。

※画像は『Twitter』(@katsuyatakasu)より引用

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「日大選手の異例会見に高須克弥院長「高須グループがほしい人材」 海外留学の資金援助にも前向き