緊急速報です。『Twitter』ユーザーのチインケ=トモサカさんがツイートした、お笑いコンビ「NOモーション。」による『ストリートファイターII(以下、ストII)』のものまね動画に外国人が入れ食い状態になっている模様です。現場からレポートします。


https://twitter.com/ksmtknit/status/995533582297841664

NOモーションの例のやつw

という動画付きツイートがきっかけ。

世界中で爆発的にヒットしたゲームだけに、多くの外国人からのコメントが目立ちます。


https://twitter.com/JoeMoePelletier/status/996147849120374784

「グラフィックはちょっと質が下がったけど、エドモンド本田が戻ってきてくれてうれしいよ」


https://twitter.com/SamWHYZGameji/status/995866735751266304

「10回連続で見てしまった。クソみてーに面白いな。効果音の再現テクが超イケてる」


https://twitter.com/a3hmax1/status/995771497993121793

「誰かがビジュアルエフェクトつけてくれるのを待とう」


https://twitter.com/dago_deportes/status/995937452161462272

「この本田の手の動き!」


https://twitter.com/earnestp/status/996046940772106242

「最初の動きでもうハマった」


https://twitter.com/k_trunks/status/996990420977704960

「子供の頃にストリートファイターやりたくてゲーセン通ってたのを思い出すよ。この動画を見せてくれてありがとう」



https://twitter.com/nomo_info/status/996057440431947776

ものまねのクオリティが高いことは勿論ですが、ノスタルジアから何か言いたくてたまらないといった外国人が多いようです。山のように積まれた小銭と共に消えていったあの日の思い出が蘇ってきたのでしょうか。面白いゲームは時代も人種も国境も超越してしまうようです。世界中の子供達が夢中になったゲームが進化を遂げて、eスポーツで競われるようになったのもその“面白さ”が不変的だからではないでしょうか。

現場からは以上です。

※画像:
https://twitter.com/nomo_info/status/996057440431947776

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「お笑いコンビ“NOモーション。”によるストIIものまね動画に外国人が入れ食い状態になっている模様