4月15日夕方、フジテレビで放送されたアニメ「ちびまる子ちゃん」にて、おばあちゃんが一画面の中に二人登場するという作画ミスがあり、人気アニメだけにネット上で大きな話題となった。スポーツ新聞のウェブサイトなどもこの”事件”を報じる中、翌16日に作者・さくらももこ先生がブログを更新。

おばあちゃんがふたり
https://lineblog.me/sakuramomoko/archives/67296735.html[リンク]

というエントリーをアップした。

今回のシーンはスタッフのミスであったと語り、ネットで話題になったこと、息子も言っていたことなどについても触れる。そして、

「うっかりですみません ですが、こんなことが話題になってしまうんですね。 」
と謝罪し、
「渋谷すばるクン(関ジャニ∞)のことで驚いていたのに、ちびまる子ちゃんのことでもびっくりしました。」
と結んでいた。

「作者が謝罪」とはいうものの、なんともほのぼのとしたニュース。
ネット上ではアニメ「宇宙戦艦ヤマト」や「トランスフォーマー」などの作画ミスと思われる画像や、漫画「キン肉マン」にてジェロニモが二人いるシーンなどがアップされるなどして、「ちびまる子ちゃん」以外でもかなり盛り上がっていたようである。

※画像は『フジテレビ』のサイトより引用

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「アニメ「ちびまる子ちゃん」で「おばあちゃんがふたり」 さくらももこ先生「うっかりですみません」