かつて写真家の”アラーキー”こと荒木経惟さんのモデルをつとめていたダンサーのKaoRiさん(@_K__a_o__R__i_)が、4月2日に


#metooが始まってもう6ヵ月。すっかり出遅れ感があるけれど、必要な所に伝わってほしい。
大人を信じるのはやめて、自分を信じられる大人になってほしい ようやく気づいた私の失敗談です。

とツイートし、荒木氏を告発する内容の記事を公開した。

4月8日、声優の榎本温子さん(@atsuko_bewe)は上記ツイートをリツイートし、


運動広がってるね。私も色々思い出しちゃう。デビューして数年経った頃猛烈に仕事が辞めたい時があってメンタルぐちゃぐちゃで辛かったんだけど今考えるとセクハラとパワハラのせいだなーと思い出す。誰も助けてくれなかったし、そもそも相談もできなかったというか当たり前だった。

とツイート。

今はキャリアも積んで尊重してもらえるけど、若い頃は本当に苦労した。アイドル声優はお姫様なんかじゃなくてすごく宙ぶらりんだったな。笑顔でいなくちゃならないのがまたしんどくなったり。。

それでも若い頃にデビューしたからか今でもすごい態度される時もある。でもいいんだ、そういう人とは仕事しない事にしている。私にだけしてる訳がない。居なくなると思ってる。みんな見てるから。

でも1つ誤解がないように言いたいのは、声優業界は芸能界でもかーーーーなーーーーーりーーーーーークリーンです。本当に。みんな慎ましやかにお仕事してる素敵な業界。ただ他の会社と変わらないくらいはハラスメントはあると思う。

と続ける。そして、


声優目指す子が増えた今だからこそ、ちゃんと言いたい。アニメはキラキラして夢みたいだけど、それを作ってるのは人間で、どこにでもトラブルはあって、お姫様では居られないんだって。

どうか若い子達が守られる業界でありますように。大人は気を引き締めますように。作品は愛情込めますように。

とツイートを行った。

大きな反響を呼び、
「勇気あるツイートありがとうございます! 」
「榎本さんの作品と職業・人に対する愛情を深く感じました。とっても素敵で尊敬します」
「声優目指しているので、すごくためになります。ありがとうございます」
といった返信などが寄せられていた。
その後も、いくつかツイートを行っていた榎本さん。


はっ!気持ちバズってるから私の推しを見て欲しい!!この人はカードファイト!ヴァンガードの櫂トシキ!(右の人)とっても強くてカリスマなの!新シリーズ5月から放送だから是非見てほしい。新シリーズと言っても原作版だから話は最初からだから知らなくてもここから始められるから!!

と、推しに関するツイートも行っていた次第である。

※画像は『Twitter』より

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「声優目指す子が増えた今だからこそ、ちゃんと言いたい」 榎本温子さんのツイートが反響を呼ぶ