小型家電ブランドのブラウンは4月上旬、電動歯ブラシ『ブラウン オーラルB』の入門モデル『すみずみクリーン』シリーズ3種をリニューアル発売。新たに、毛先0.01mmの極細毛を採用した“やわらか極細毛ブラシ”を搭載した機種が追加されました。『すみずみクリーン やわらか』『すみずみクリーン フロス』『すみずみクリーン ホワイト』の3モデルをフォトレビューにてご紹介します。

『ブラウン オーラルB すみずみクリーン』シリーズは、ほとんどの歯科医院で使用されているクリーニング器具と同じ形状の丸型ブラシを採用した電動歯ブラシ。丸型ブラシが歯の1本1本を包み込むことで、手磨きでは届きにくい奥歯や歯ぐきのキワまでしっかり磨き上げられるのが特徴です。

毛先0.01mmの“やわらか極細毛ブラシ”搭載の『すみずみクリーン やわらか』

毛先が0.01mmの極細毛と、歯垢除去力の高い通常毛の組み合わせにより、歯ぐきに優しくしっかり歯垢を除去するブラシを採用する『すみずみクリーン やわらか』。

毎分約7600回に達する高速反転運動と丸型ブラシの組み合わせで、手磨きと比べて歯垢除去力は最大100%アップするとのこと。

やわらかい極細毛が歯ぐきのキワまで自然にフィットするので、歯や歯ぐきに優しいブラッシングが可能。軽くブラシを押さえつけると、力を入れなくても毛先が入り込んでいくのが分かります。“やわらか極細毛ブラシ”は、替えブラシとして単体でも発売。

“歯間ワイパー付ブラシ”が歯の間の歯垢を落とす『すみずみクリーン フロス』

伸縮性に優れたソフトラバー製の歯間ワイパー付きブラシを採用する『すみずみクリーン フロス』。

ワイパーが歯間の奥まで入り込み、こびりついた汚れまでしっかり磨き取ります。実際にブラシの構造を見てみると、角度が可変するワイパーによる、ヘラでかき出すような効果に期待できそうです。

“ホワイトニングブラシ”がステインを落とす『すみずみクリーン ホワイト』

ソフトラバー製の美白ラバーカップを搭載した“ホワイトニングブラシ”を採用する『すみずみクリーン ホワイト』。

外側の毛先で歯垢を除去しながら、中心のラバーカップが歯の黄ばみや黒ずみを落とす仕組み。ラバーカップは歯の表面にしっかり食いつき、ステインをしっかり落としてくれそうです。

『すみずみクリーン やわらか』『すみずみクリーン フロス』『すみずみクリーン ホワイト』は4月上旬に発売。既存製品『すみずみクリーン EX』も継続して販売し、全4種類のラインアップとして展開します。職場や環境がリフレッシュする4月、電動歯ブラシによるオーラルケアを始めてみては。

ブラウン オーラルB
https://www.oralb.braun.co.jp/ja-jp

撮影:オサダコウジ

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「毛先0.01mmの“やわらか極細毛ブラシ”搭載機種も追加 ブラウンの電動歯ブラシ『オーラルB すみずみクリーン』3モデルをフォトレビュー