3月7日、吉本興業がeスポーツ事業に参入することを発表し、都内で記者発表会が開催された。

オリンピックの正式種目化が取り沙汰されるなど、世界的な盛り上がりをみせているeスポーツ。ゲーム大国でありながらeスポーツ後進国だった日本だが、2月1日に一般社団法人『日本eスポーツ連合』が設立。本格的なスポーツビジネスとして成立する流れを受けて、国家としてもどう支援していくのか注目を集めている。

そんな中で、タレントビジネスやスポーツマネジメントのノウハウを持つ吉本興業が、「eスポーツ選手の発掘・育成、イベントの開催や配信を通して国内におけるeスポーツの発展に貢献していきたい」(よしもとクリエイティブ・エージェンシー スポーツ事業センター センター長 星久幸氏)と、芸能プロダクションとしては初となるプロeスポーツチームの運営を発表した。

吉本興業がプロチームを運営

このたび発足するのは、フィリピンを活動拠点にする『DeToNator』と協業して外国人選手でチームを編成し『DOTA2』部門で世界一を目指す『よしもとデトネーター』。チーム『アキハバラ エンカウント』とタッグを組んで日本人選手を中心としたチームを編成し『Overwatch』部門で台湾リーグに参戦する『よしもとエンカウント』。日本人選手でチームを編成し国内を主戦場に『Shadowverse』部門に参戦する『よしもとリバレント』。『ポッ拳』部門を専門とするチームで国内を中心に活動する『よしもとエクストラクター』の計4つのチーム。

さらに、プロゲーマーの発掘と育成を掲げる吉本興業は、初となる同社所属のプロゲーマーとして、『ストリートファイター』シリーズを得意とするジョビン。『スプラトゥーン』シリーズを得意とする西澤祐太朗。『コール オブ デューティ』シリーズを得意とする小池龍馬の3名を紹介した。それぞれお笑い芸人として活動していた3名だが、中にはこれを機にコンビ解散を提言されたメンバーもいたという。芸人時代には見たことがなかったという“契約書”を会社と交わしたことも明かされた。

プロゲーマーの実力は!?

発表会には、ゲーム大好き芸人として、井上聡(次長課長)、藤田憲右(トータルテンボス)、菅良太郎(パンサー)、池田一真(しずる)が登場。MCを務めた田村淳(ロンドンブーツ1号2号)と共にゲーム談義を交わし、プロゲーマーと『ストリートファイターV』で対決する場面も。

トータルテンボス・藤田vsプロゲーマー・ジョビン/ストリートファイターV(YouTube)
https://youtu.be/dWjO_7ZEG1A

次課長・井上vsプロゲーマー・ジョビン/ストリートファイターV(YouTube)
https://youtu.be/dtGppzBCJRI

ハンデマッチに挑んだ藤田だったが手も足も出ず、芸能界屈指のゲーム好きで知られる井上も返り討ちに。『ストリートファイター』シリーズで世界を目指すジョビンがその力を見せつけた。

吉本興業はゲーム実況の配信やイベント・大会の実施などを通じ、国内におけるeスポーツの認知向上や競技人口の拡大に寄与することを目指すとしている。なお、8月にラスベガスで開催される世界最大級のゲーム大会『EVO2018』に先駆け、招待選手の選考イベントを開催予定。上位入賞者にはラスベガスまでの渡航費や宿泊費などのサポートが約束される。

詳細はよしもとゲーミングのホームページにて後日発表される。

http://yoshimoto-gaming.com/

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「吉本興業がeスポーツ事業に参入を発表 よしもと所属のプロゲーマーがゲーム大好き次課長・井上を圧倒