2018年冬アニメの注目作『ポプテピピック』オンリーの同人誌即売会『ポプケット』が2018年3月3日に大田区産業プラザPiOで開催。しかし、募集サークル100のところ5組しか集まらなかったこともあり、内容もネット上で(良い意味で)「クソ」と話題になっていました。

印刷会社ねこのしっぽの代表取締役で“ねこ社長”こと内田朋紀氏(@chiruson)は設営終了後に次のようにツイート。


ポプテピピック同人誌即売会「ポプケット」開場したようなので写真をアップします(笑)今回のカタログ…表紙も…裏表紙も…ねこのしっぽ担当(笑)用紙は面白い紙という指定だったのでフルカラー印刷なのにあえてDクラフトにしてみました(笑)表紙絵は主催の許可取ってますので(笑)

ガラ~ンとした会場。机が並ぶはずだったところには「クソ島はなくなりました」の垂れ幕。「入場時には中指を立ててスタッフに見せてください」という案内板。たしかにクソなイベントの雰囲気がプンプンします。しかも、入場に関しては次のようなツイートも。


ポプテピピックオンリー即売会「ポプケット」カタログ
カタログ代1部333円という半端額な上に、お釣りは出さないというクソっぷり
つまり500円出そうが1000円だそうが、お釣り無し

とはいえ、どんな状況でも楽しんでしまうのが同人屋というもの。『ポプテピピック』の原作者の大川ぶくぶさんが「今からでも『ゆるキャン△』のオンリーに変えたらいいのに」とツイートすると、即座に対応。


これを受けて会場にはテントまで。


参加サークルは終了までいて『ストロングゼロ』を飲みながら『ゆるキャン△』ごっこを楽しんだ様子。一般参加者からは「面白すぎた」という声が上がっていて、満足度は高かったといえそう。主催者は赤字確定でしょうが、大規模イベントで味わえないアットホーム感とノリが楽しめるのがオンリーイベントの醍醐味なのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/chiruson/status/969804407863787521 [リンク]

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「原作者「今からでも『ゆるキャン△』オンリーに変えたら」→即座に対応! 『ポプテピピック』オンリー同人誌即売会『ポプケット』が「クソ」だった!?