ひと昔前よりもアニメ・マンガ・ゲームに限らず「オタク」が容認される空気になっているように感じますが、中には別人種のように扱う人がいるのも確かなのでは?

そういった「壁」が浮き彫りになるようなエピソードを、ある『Twitter』ユーザーが報告。約6400のRTと9300以上の「いいね」を集めていました。


「私、オタクっぽい男には全員に先生ってあだ名つけてる。本人を得意げにしつつ、壁も作れるのよね。名前間違えずに済むし笑」ってランチタイムに隣の可愛いOLさんが言ってました。

これに対しては「天才か」「頭いい」と肯定的に捉えるツイートが見られたほか、このOLが「壁を作れる」と話していることについて「つらさしかない」「こわい」といった感想を持つ人が多かった模様。

また「基本的に先生って呼び方は蔑称」という意見も。さらに実際に「先生」と呼ばれているユーザーたちからは「自分はクラスメイトから壁を作られてるのか……」と気づいてしまった様子でした。あだ名が「先生」だという人は、それが揶揄する意味ではないか、一度考えてしまうという人も多いのでは?

ちなみに、ガジェット通信のsrbn記者はスタッフ全員から「先生」と呼ばれていますが、どちらかと言うと愛を持って呼ばれています。こういったケースもあるので、あまり気にしない方が得策かもしれません。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/NlVEA_/status/895137651887529984 [リンク]

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「“壁”を作られている!? 「オタクっぽい男には全員に先生というあだ名をつけている」というOLに震撼する人多数