平愛梨(35)が、子どものためにキャラ弁を作ったことを明かした。

 SNSには子どものための手料理をたびたびアップしている平。女性ファンからたびたび反響を集めているが、そんな中、26日にインスタグラムを更新し、「いつかお弁当箱に詰めてごはんタイムしてあげたい!って憧れてた」と前置きし、「アンパンマンのお弁当箱をGETしたのでなんだか嬉しくて早速レッツトライ」と、手に入れることのできたアンパンマンのお弁当箱で子どものお弁当を作ってみたことを明かした。

 おかずとふりかけご飯が詰められたシンプルなお弁当となっていたが、平は、「これ…いちを…キャラ弁なの」と自身ではキャラ弁のつもりで作ったことを告白。ふりかけで顔を作ったようだが、よく見ないと顔とは認識できない仕上がりとなっており、「ふりかけ少なすぎたのかな?どうしたらいいのでしょうか」と困惑をつづっていた。

 しかし、このポストにつづられた「いちを…」という言葉についてネットからは、「いちをって…?」「一応を一様っていう人は見たことあるが、いちをは初めてだ」「20代そこそこの人ならまだしも35にもなっていちをって恥ずかしくないのかな」といったツッコミを集めてしまっていた。

「一応」を「いちを」と勘違いしている様子の平。ネット上を騒然とさせてしまっていた。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「平愛梨、息子のためのキャラ弁に賛否の声「恥ずかしくないのかな?」