浜崎あゆみ(41)が呼びかけたある訴えが話題になっている。

 浜崎は今年1月、昨年11月に第一子となる男児を出産していたことを報告。妊娠の発表はなく、ファンすら妊娠の事実に気が付かなかったため大きな衝撃を集めていた。

 そんな浜崎について、2日にスタッフが運用するツイッターが更新され、「いつも応援して下さる皆様へ、お願いがございます」として、「本人の家族のプライベートに関する情報や (目撃情報含む) 、関係者から話を聞いた、等の全てのSNS発信について、本人の家族全員の安全の為にどうか控えて頂きたいです」とプライベートな情報のSNS拡散を控えるよう呼びかけた。

 さらに自身が運用するインスタグラムのストーリーズにもスクリーンショットが投稿され、「危険な事に繋がって取り返しのつかない事態になる前に、私からもお願い致します」と浜崎本人からの警告も記されていた。

 この投稿にファンからは、「よほど大変なことがあったんでしょうね…」「これはひどすぎる。プライバシーは守ってほしい」という声が集まっていたが、一方ネット上からは、「今まで散々、プライベートも見て~!だったのにいきなり?」「まず言いふらす関係者を咎めようよ」「そもそも、最近SNSで浜崎あゆみのプライベート情報なんて流れてたっけ?」という疑問の声も寄せられてしまっていた。

 とはいえ、プライバシーを一方的にSNSに書き込むのは許されざる行為。浜崎に対する同情も多く寄せられていた。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「浜崎あゆみ、プライベート情報のSNS書き込み「どうか控えて」に賛否の声