俳優の渡辺徹(59)が明かした妻でタレントの榊原郁恵(61)のある行動が話題になっている。

 おしどり夫婦として知られているふたりだが、渡辺は29日にブログを更新し、「あるじである俺が不在の時妻は家族にこんなものを作っていた」とつづり、妻の榊原が自宅でサーダ―アンダギーを作っていたことを告白。「俺は家でサーターアンダギーを食べたことがあっただろうか…」と困惑しつつ、1個だけ食べさせてもらったことを明かした。

 しかし、渡辺によるとこうした出来事は以前にもあったといい、ある時夜中終わりの予定の仕事が早く終わり、家族をびっくりさせるため連絡入れずいきなり帰宅したところ、「途端なにやらダイニングの方がバタバタしている」と家族が慌て出し、見ると「妻、おばあちゃん、長男、次男がキャビアを、食べていた。しかも一缶だけでなく何種類も…」と、他にもチーズや生ハムなどもあり、家族でワインを楽しんでいたという。

 榊原は「違うのよ、賞味期限ギリギリの物を処分しちゃおうと思って」と弁解していたとのことだが、渡辺によると自宅の夕食時にたくさんのキャビアを食べたことはなかったとのこと。「とにかく、家を空けたときの、家族の夕飯が気になって仕方がない」と悶々としたようにつづっていた。

 この投稿にネットからは、「コレステロールの高いものを食べさせないためですよね。愛情だなあ」「なんでも食べちゃう旦那様に気を遣って家にいない時に食べるって優しい」「郁恵さんの優しさゆえの行動だよね」という声が集まっていた。

 肥満状態だったが、榊原の料理によりダイエットした渡辺。こうした経緯から、こうしたアクシデントも榊原の気遣いと見る人が多いようだった。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「連絡せず帰宅したら…渡辺徹が明かした妻・榊原郁恵の行動に称賛の声