タレントの加藤紗里(30)がオンラインサロンを開設することを発表した。

 19年9月に結婚したものの、今年1月に離婚を発表した加藤。その後、4月に第一子を出産したものの、子どもの父親が前夫ではないことなどから物議を醸していた。

 出産後も奔放な生活ぶりをSNSで明かし、アンチファンを多く集めている加藤だが、そんな中、7日にインスタグラムを更新し、「重大発表」とし、ファンから質問を募集するたびにアンチファンから卑猥な質問やバッシングが来ていたことを告白。子どもについても、「どんなものをりりに使っているかなど、こちらのインスタには不特定多数が見れてしまうため、りりに関することもあまり載せていませんでした」と明かしていた。

 この現状を受け加藤は「なのでちゃんとした質問が一人一人に返せるように、普段のInstagramでは見れない裏の加藤紗里が見れるようにオンラインサロンInstagramを別で開設致しました」とオンラインサロンを開設したことを報告。月額料金は5500円だといい、有料にする理由について、「有料にしないとアンチが入ってきてしまうため、ご理解いただけたら嬉しいです」と説明していた。

 この投稿にネット上からは、「この人の情報が隔離されるならいいかも!」「今度から狭い世界で生きていってほしい」「5500円払ってこの人と話したい人だけ集まるから、いいんじゃない」という意外にも好意的な声が多く集まっていた。

 果たして加藤のオンラインサロンは成功するのだろうか。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「加藤紗里、オンラインサロン開設になぜか好意的な声が集まったワケ