女優の長谷川京子(41)が20日、自身のインスタグラムを更新した。

 長谷川といえば現在パリを訪れており、先日の投稿では「パリを発ちTGVでブルターニュへ、行きます。#paris#tgv#bretagne#パリ#ブルターニュ」とコメントを添えて、バックパッカースタイルの写真を投稿した。ブルーのショートデニムに黒のジャケットを羽織り、足元は黄色のスニーカーと赤いターバンとリュックを背負い、シルバーのスーツケースを持ち歩く長谷川は完全に街に溶け込んでいるようだ。この投稿を見たファンからは「オーラすごい!」「ナイスコーデですね!!」などのコメントが殺到し話題になっていたばかり。

 そんな長谷川、今回の投稿には「#montsantmichel#france#モンサンミシェル」とコメントを添え、フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島そびえる修道院のモンサンミシェル内で撮影した写真を投稿した。

 写真はモノクロに加工されており、リュックを背負った長谷川がうつっている。この投稿に対してインスタグラム上には「この感じ、好きです」「素敵綺麗なショット」「絵になりますね!」「モノクロの京子さんの表情が素敵」などのコメントが寄せられファンの注目を集めている。

『西洋の驚異』と称されている世界遺産のモンサンミッシェルでも長谷川の美しさは見劣りしないようだ。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「長谷川京子、「絵になる!」モンサンミッシェルでのモノクロ写真が大反響