View this post on Instagram

 

COVERGIRL terevision SWEETSさん(@cgtv_sweets)がシェアした投稿

《おいしさパラメーター》

甘さ
★★★☆☆
オリジナルの餡は半殺しのお米とフュージョンするとちょうどいい甘さに

ボリューム
★★★☆☆
1つ食べれば幸せいっぱい!
7つ食べればお腹いっぱい!

食べやすさ
★★★★☆
2~3口サイズの小ぶりなおはぎ。
人目のある職場などのおやつタイムにもOK!スマートに食べきれます!

入手難易度
★★★★☆
お店は田園都市線の桜新町店と、東急東横線の学芸大学店の2店舗。
平日でも開店の12時から行列が出来る事も!!閉店は18時ですが、おはぎが無くなり次第閉店。
定休日は月曜と火曜。

《情報》

この日のおはぎラインナップ

つぶあん(¥180 intax)
こしあん(¥180 intax)
よもぎと抹茶(¥250 intax)
アンティークベリーズ(¥310 intax)
ミモザ(¥310 intax)
ココナッツとレモンピール(¥280 intax)
ナッツ(¥310 intax)

今日紹介するのは、
おはぎ専門店「タケノとおはぎ」の『今日のおはぎ(全7種)』。
おばあさまであるタケノさんのおはぎが大好きだった店主が開いた「タケノとおはぎ」は、7種類のおはぎのみを扱うおはぎ専門店。
なんとこの「タケノとおはぎ」、旬の食材を使って作られているので、時期によって販売しているおはぎが違うんです!
趣向を凝らされた変わり種おはぎは見た目にも美しく、まさに一期一会のご褒美スイーツ!
ちなみにお店で3個、5個、7個の奇数で購入すると、その個数に合わせてあつらえた可愛い「わっぱ」に詰めて渡してくれますよ。

さて肝心の中身ですが、
量が多いのでこの日のラインナップを一言コメント(注:一言で収まりませんでした)でお届けします。

「こしあん」「つぶあん」
通年販売しているタケノおばあちゃん直伝の北海道大納言小豆を使用した、定番かつ贅沢な一品。
「こしあん」はなめらかで上品な舌触りの餡、「つぶあん」は北海道大納言のうまみを豆から感じられる餡で、どちらも後世に語り継いでいきたいお味
どちらも素朴かつ、心に染み渡る優しい甘さで心を包んでくれます。

「アンティークベリーズ」
一口食べれば華やかな香りが鼻から通り抜け、可愛らしく絞られたベリー色の餡に隠れているドライブルーベリー・ドライクランベリーの食感が、最後まで楽しませてくれます。

「よもぎと抹茶」
緑と白のマーブルが綺麗で、抹茶とよもぎの風味がまさしく模様の螺旋のように混ざりあって、最高の1口になっている珠玉の品。
舌触りなめらかな餡がもち米と共にほどけていく度、鼻から交互に抜けていくお抹茶の深い香りとよもぎの青々とした若葉の香りいくら語り尽くしても、この感動は食べた人にしか味わえません。

「ココナツレモンピール」
真っ白なホワホワの見た目が可愛らしく、口に運ぶ前からココナッツの風味が漂ってきて、すぐさま南国気分。
レモンピールの爽やかさな酸味と香りがココナッツをさらに引き立ててくれます。

「ミモザ」
鮮やかな黄色いお花を思わせる見た目に、口の中で後味に吹き抜けるさわやかな柑橘の風
シャンパンで煮付けたオレンジピールが入っていて、甘さの中にもほろ苦さが隠れています。まさに大人の味。

「ナッツ」
口に入れた瞬間『香ばしい!』と叫んでしまいそうなこの品は、アーモンド・カシューナッツ・ピスタチオ・くるみの4種類のナッツがおりなす絶妙なハーモニーがなんとも言えません。
しかも食べ応えがある!
ナッツのザクザクとした歯ごたえある餡衣を抜けると、そこにおわすはもち米様!ナッツの油とお米の甘みの罪なお味です

入手難易度は高めですが、一度体験したらやみつきになること請け合いの「新・おはぎ」体験で自分を思い切り甘やかしてみては?
見た目も可愛く、サイズも可愛らしいので手土産にももってこいです!

情報提供元:カバーガールTV
記事名:「【TODAY’S SWEETS】今日のおはぎ【タケノとおはぎ】