コロナ禍によって、多くの組織で働き方の見直しが行われている中で、組織のコンディションにも変化が起こっています。そこで、パーソル総合研究所が、テレワークの実態と働き方に関する今後の展望や、コロナウイルス感染症によって組織のコンディションがどう変化したかについて調査を行いました。本記事では、同研究所上席主任研究員の小林祐児氏が、テレワークがもたらした3つの影響と、今後も組織課題の発生源となる「中間領域」に着目すべき理由を語ります。

全文を読む