「国際平和拠点ひろしま」が、国内外から世界で活躍する経済人や有識者を広島に迎え、ビジネスと行政・NGOなどがマルチステークホルダーパートナーシップで連携しながら、どのような貢献ができるかを考えるとともに、多様な主体が平和に関わることの重要性を発信するため、2013、16、18、19年に開催してきた「国際平和のための世界経済人会議」。新型コロナウィルスとの闘いにより時代が大きく転換する中、今後、経済人が築くべき「積極的平和」及び「SDGs」とは何か、そしてその構築に当たり果たすべき役割をテーマに、今年も「2020世界平和経済人会議ひろしま」を実施。本記事では「セッション3 ビジネス・金融」について、4名の有識者が討論を交わしている。

全文を読む