動物には本能的に「火を見ると逃げる」習性が備わっています。そのため、基本的には人間だけが火を扱う生き物であると考えられてきました。しかし猛禽類には、火を恐れずに飛び込んでいく習性があるのです。さらにオーストラリアでは、“意図して放火する”鳥の目撃情報が古来より言い伝えられています。本記事では、人々の観察力と探究心によって明らかにされ、言い伝えられてきた鳥の伝説についてご紹介します。

全文を読む