2019年9月14日・22日の両日、「渋谷からガラスの壁を壊そう! スポーツとジェンダーの平等」が渋谷区文化総合センター大和田で開催されました。オリンピック憲章にある「性別、性的指向による差別の禁止」に着目した本イベント。同性愛者の現役アスリートやジェンダー論の研究者などを講師に招き、スポーツ界におけるジェンダー課題の現状と未来像などを語りました。本記事では、城西大学准教授の山口理恵子氏と順天堂大学スポーツ健康科学部の野口亜弥氏が、日本のスポーツ政策や、パワハラ・セクハラが起こりやすい背景について意見を交わしました。

全文を読む