2019年4月18日、withnewsが主催するイベント、「宮台真司と読み解く『孤独死と自己責任論』——特殊清掃の現場で起きていること」が開催されました。社会学者の宮台真司氏と、『超孤独死社会 特殊清掃の現場をたどる』を著した菅野久美子氏が、年間3万人が孤独死する日本の現状について語ります。特殊清掃の現場から見える、孤独死の背景とそれにまつわるさまざまな課題とは。本パートでは、孤独死を防ぐためのサポートや、最近新たに登場している“孤独死ビジネス”の現状について語りました。(写真提供:withnews)

全文を読む