2008年のリーマンショック以降、各国では量的金融緩和政策を実施したが、ハイパーインフレや所得格差の拡大などで人々からの政府、中央銀行への信頼は低下している状況にある。 世界の銀行は2008年から2017年にかけて、あわせて12兆〜13兆ドル(約1338兆円〜1449兆円)にも上る法定通貨を発行して...

全文を読む

情報提供元:CoinPost
記事名:「リーマンショック以降の世界の紙幣増刷額は12兆ドル以上、ビットコイン人気のきっかけか