• Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • DHC
  • ヤフオク
  • sns
    1. Twitter
    2. Facebook
  • Google
  • Yahoo!
  • じゃらん
2018.04.11 09:56 BUSINESS LIFEビジネス・マネー

「語れる靴」を持っているかで、男の良さも決まる。

「一流の人はなぜそこまで、靴にこだわるのか?」(著:渡辺鮮彦)より

ビジネスマンにとっての靴とは、人生を共にする「相棒」

ビジネスマンならばスーツや時計、カバンへこだわりを持つことも多いでしょう。そして、靴も忘れてはいけない存在です。
靴はビジネスマンが身体的にも精神的にも一歩前に進むために、必要不可欠。まさにこれからの人生を共にする「相棒」とも呼べる存在です。そして靴は育てる存在でもあります。

駄目になったから履き捨てるのではなく、しっかりと自分でメンテナンスし、育てていくことが大事です。これは仕事のメンテナンス能力にも直結する心がまえでもあります。靴は育てるもの、そして一緒に成長していくものと肝に銘じてください。

 

 

靴の醍醐味はメンテナンス

高級時計で満足するのもいいけれど、一流のビジネスマンになりたいと思うなら、靴の手入れもおろそかにしてほしくありません。

 

靴は毎日身に着けるものであり、長く人生を共にする相棒のような存在でもあります。腕時計も同じような捉え方をされることが多いですが、自分でメンテナンスできる範囲が大きいという意味では、靴の方が「相棒」という言葉にしっくりくるのではないでしょうか。

 

自分で電池を交換したり、多少の故障なら直せてしまうという人が、なかにはいるかもしれません。でも、あくまで時計は精密機械ですから、プロの手を借りる人の方が多いように思うのです。
それに比べて靴はどうかというと、普通に使っていれば最低限の道具でメンテナンスが可能です。ブラシと布きれ、そしてクリームがあれば、誰でも簡単に手入れをすることができます。それも毎日ではなく、そこそこのペースで十分。難しいことは何もありません。

 

もちろんこだわり出せば細かいやり方はいろいろとあるものですが、その「いろいろ」も、靴を育てていく楽しさ、ともに人生を歩んでいく楽しさをさらに充実させてくれます

 

決っして、腕時計を否定しているわけではありません。ただ、昇進や転職、お祝いなど、何か特別なことがあったときは、ぜひ「いい靴」「欲しい靴」を手にしてみましょう。少々背伸びをしたとしても、きっとそれはあなたにとっての「相棒」になってくれることと思います。靴には、それだけの良さがあるのです。

 

 

語れる靴を持っているかで、男の良さも決まる

みなさんは、語れる靴を持っていますか?
みなさんもちょっと考えてみてください。そんな靴があるという方は、すでに靴を人生の「相棒」と理解して大切にされていることでしょう。逆にいままで靴を顧みることのなかった方は、ぜひ語れる靴を持つようにしてほしいです。

 

私にとっての相棒は、「チーニー」の茶色いカントリーシューズです。かれこれ 25 年間もの付き合いになりますが、今でもばりばりの現役です。
チーニーは創業から一世紀以上続いている名門で、今でこそ名の知れたイギリス靴の老舗ブランドですが、当時の日本ではほとんど知名度がありませんでした。

 

そのチーニーと、正規代理店としての契約を開始した際に、「日本に紹介するからには、まず自ら品質チェックをしよう」と購入したのがこの靴です。

 

外羽根式の型押し革で、靴底はラバー製の分厚いコマンドソール。堅牢な造りに、飽きの来ないシンプルなデザインが気に入って、週に一度は必ず足を通し続けて今日に至っています。

 

長年履き続けてきたチーニーの魅力

オールソール交換も一度だけ経験し、当然、傷や皺もついていますが、これこそ人生を共に歩んできた証。手入れをしていると、若い頃、がむしゃらになって頑張っていたことが思い出されます。自分の歩んできた人生を思い返す指標となるものがあるのは、なんとも心強いものです。愛着があるどころかすっかり足の一部ですし、構造上、悪天候にも強いので、まだまだ長い付き合いになるでしょう。そのためにもメンテナンスを忘れないようにしています。

つい先日、鳥取の三朝温泉の投入堂を訪れた際、足元はこの靴で済ませました。ここは険しい道のため事前に靴のチェックがあることで有名で、家内は登山靴で臨みましたが、私は「普段履き」のこの靴でOKでした。
ちなみにチーニーでは今でもまったく同じデザインがつくられていて、弊社のスタッフの中でも人気の高い靴の一つとなっています。靴の業界は案外デザインの出入りが激しく、実はこういったケースは稀です。

 

靴は苦楽を共にする相棒

ビジネスマンとしてこの先も活躍していこうと思っている方は、ぜひ語れる靴を一足持つようにしてください。これから何年、何十年と長い付き合いをしていく靴を持つことでポテンシャルも上がっていくもの。自分の人生に「相棒」がいると思えれば、心強いものです。何も高級靴である必要はありません。ただ、「自分にとってこの一足だ」と自信を持って言える靴であればいいのです。

 

自分にフィットする靴をこれからの人生の「相棒」として選び、ビジネスマンとしてのさらなる飛躍を目指してください。

 

『一流の人はなぜそこまで、靴にこだわるのか? (Business Life)』
(クロスメディア・パブリッシング)

情報提供元:BUSINESS LIFE
記事名:「「語れる靴」を持っているかで、男の良さも決まる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップ