オーガニック食材あふれるサンフランシスコ。毎日どこかで必ずファーマーズマーケットが開かれていて僕らはそれを通りすぎ、時にはそれに一旦立ち寄ってオフィスに向かう。アメリカ全体としてもよりおいしいものやオーガニック食材などに皆感心を寄せている。その一方で、海外では意外とヘルシーな食べ物を見つけるのは難しい。スーパーで食材を購入し、自炊する事も出来るが、忙しい人達は外食かテイクアウトですましてしまう。そして意外と出前が少ないのも事実。日本と比べると海外での食生活はかなりバリエーションが少なく、不便である。

それらにニーズを感じ、新たなサービスを生み出した数多くの食品系スタートアップが注目を集めている。ピザ以外のデリバリーが乏しいアメリカでは、現在オンラインから手軽に食べ物がオーダー出来るサービスが大人気。家庭で手軽に一流シェフの料理が楽しめたり、オフィスやパーティーでのケータリングにも活用可能。また、日々の不摂生をいかに正していくかということに悩んでいる一人暮らしの男性にも有用的だ。

それぞれのサービスがユーザーのニーズに非常に柔軟に対応しており、長い契約を結べば月あたりの金額がリーズナブルになる。だからといっていきなり長期契約を結ぶ必要もなく、一ヶ月のトライアルから始められる。少しでも気になるサービスがあれば、軽い気持ちで一度ためしてみるのも手だ。それでは海外で話題のフード系サービスを幾つか見ていこう。

1.Blissmo

blissmo

ユーザーニーズ: 栄養豊富なオーガニックスナックを求めているが、どんなものを買えばいいのか分からない。様々な商品を月に一度、まとめて届けてほしい

ソリューション: 毎月、色々なブランドのオーガニック食品やスナックが自動的に郵送されてくる。値段によって、提供する量を選ぶことが可能であり、個人からオフィス(16-30人)まで対応している

価格形態: サンプルボックス/月 個人(1人) $39.95, グループ(2-5人) $99.95, チーム(6-15人) $189.90, オフィス(16-30人) $359.80

2. Cater2.me

Cater2.me

ユーザーニーズ: Googleの影響で最近のイケテルスタートアップ企業では無料で食事が提供されている。うちの会社も何とかしたい。

ソリューション: オフィスへの定期的なケータリングサービスを提供する。会社の規模でオーダーをしておくだけで、日替わりメニューが提供される。

価格形態: オーダーボリュームによって変動

3. Chewse

chewse

ユーザーニーズ: オフィスにいながら、お気に入りレストランの食事を味わいたい。仕事が忙しく、レストランに食べにいく余裕がない

ソリューション: オンラインでオーダーし、オフィスまで料理を届けてくれる。時間通りに届ける宣言など、仕事に追われるオフィスワーカーにとっては頼もしい付加価値も

価格形態:レストランが提供する価格によって変動

4. Craft Coffee

Craftcoffee

ユーザーニーズ: コーヒー豆を選ぶのも買いに行くのも面倒。かつ似たような味にも飽きてきた。プロフェッショナルが選ぶコーヒーも飲んでみたい

ソリューション: 定期的にエキスパートによって選ばれたコーヒー豆を家まで送ってくれる、Door to Doorサービス。価格もリーズナブル

価格形態: 年間 $19.99/月, 6ヶ月 $22.49/月, 月ごとの契約/$24.99

5. Delivery Hero

deliveryhero

ユーザーニーズ: 自宅やオフィスにいながら、世界各国の料理を食べたい

ソリューション: ユーザーによって、レストランメニューの中から注文された料理を自宅にデリバリーする。ドイツやフィンランドなど、世界各国に展開されている

価格形態: レストランが提供する価格による。別途サービスチャージは無し

6. EAT24

EAT24

ユーザーニーズ: 自宅にいながら、レストランの料理をいつでも食べたい

ソリューション: オンラインで好きなメニューを注文し、レストランから自宅までデリバリーしてくれる。24時間対応が魅力的だ

価格形態: レストランが提供する価格による。別途サービスチャージは無し

7. Food panda

Foodpanda

ユーザーニーズ: 自宅やオフィスにいながら、様々な種類の料理を食べたい

ソリューション: ユーザーによって、注文された料理を自宅またはオフィスにデリバリーする。ロシアやマレーシアなど、大きなグローバル展開をしているのも特徴的

価格形態: レストランが提供する価格による。別途サービスチャージは無し

8. Gowaiter.com

Gowaiter

ユーザーニーズ: 本場レストランの味を、自宅にいながら味わいたい

ソリューション: 電話またはオンラインで、好きなレストランメニューの中から料理を注文し、自宅まで届けてくれる

価格形態: レストランが提供する価格による。別途サービスチャージは無し

9. grubHub

grubHub

ユーザーニーズ: 出前を取りたいがアメリカではデリバリーをしてくれるお店が少ない。近くのどのお店に連絡すれば良いかが分からないし、メニューも見当たらない

ソリューション: オンラインから食べたいものをオーダーし、希望レストランから料理がデリバリーされる。25,000店以上のレストランが登録

価格形態: レストランが提供する価格による。別途サービスチャージは無し

10. instacart 

instacart

ユーザーニーズ: 時間がなく、スーパーなどに食品類を買いにいけない。自宅からオンラインで食料品を買いたい

ソリューション: オンラインでセーフウェイやコストコなどの大型スーパーから食料品を買うことができる。さらに、一時間以内に届けてくれるなど迅速なサービス提供も

価格形態: オーダーボリュームによって変動

11. JackedPack

jp

ユーザーニーズ: 運動や筋肉トレーニングを効果的にするために、サプリメントを摂取したいが何を買ったら良いか分からない方。プロフェッショナルな人間によって選ばれたサプリを使い、日々の健康に気を使いたい

ソリューション: 月に一度、専門家によって選ばれるサプリメントを自宅にデリバリーしてくれるサービス。筋肉トレーニングや運動の効果を最大化するために、考え抜かれたサプリメント選びが素晴らしい。

価格形態: サンプルボックス $14.50/月, $87/半年

12. Just Eat

justeat

ユーザーニーズ: 自宅やオフィスにいながら、お気に入りレストランの料理を味わいたい

ソリューション: オンライン、もしくはスマートフォンから食べたいものを注文し、最寄りのレストランからユーザーのいる場所までデリバリーする。また、グローバル展開をしていることも魅力的

価格形態: レストランが提供する価格による。別途サービスチャージは無し

13. KlutchClub

Klutch

ユーザーニーズ: 身体にも気をつけなければならない日々の生活で、手軽に体調を維持したい。ただ自分でそれを探す気にはなれない

ソリューション: ヘルスケア製品を毎月自宅まで届けてくれるサービス。男性でも女性でも登録可能。気に入った製品は別でそのサイトから購入することができる

価格形態: 月 最大$18

14. Love with Food

Lovewithfood

ユーザーニーズ: お菓子はやっぱり手軽に食べたい。毎回選ぶのもいいけれど、たまには選んで送ってもらいたい

ソリューション: 月に一度、お菓子を家まで届けてくれるサービス。収益の一部は貧しい子どもたちに寄付される。かわいらしいデザインが特徴

価格形態: 年間: $10/月, 6ヶ月: $11/月, 月ごとの契約: $12/月

15. Mealeo

mealeo

ユーザーニーズ: 自宅で本場レストランの味をいつでも楽しみたい

ソリューション: オンライン上でレストランメニューの中から好きな料理を注文し、自宅まで届けてくれる

価格形態: レストランが提供する価格による。別途サービスチャージは無し

16. Munchery

munchery

ユーザーニーズ: 自宅にいながら、世界トップレベルのシェフが作った日替わり料理を定期的に食べたい

ソリューション: 世界トップレベルのシェフから提供される日替わりメニューを、ユーザーの自宅まで届けてくれる

価格形態: 提供される料理によって異なるが、$6-15が平均的

17. Seemless

seamless

ユーザーニーズ: 地元レストランの料理を食べたいが時間が無くて行けない、行くのが億劫だ。または、地元レストランの美味しさを自宅やオフィスで気軽に味わいたい

ソリューション: オンライン、もしくはスマートフォンから食べたいものを注文し、最寄りのレストランからユーザーのいる場所までデリバリーする。全米40都市、10,500のレストランが登録

価格形態: レストランが提供する価格による。別途サービスチャージは無し

18. TurntableKitchen

Turntable

ユーザーニーズ: 毎日何を作るか、何を食べるか考えるのが面倒。特に新婚等であれば、それと同時に雰囲気も楽しみたい

ソリューション: 日替わりでレシピとその料理に合った音楽を紹介してくれるインターネットサービス。日々の料理だけでなく、食事のトータルコーディネートを提案してくれる

価格形態: 特になし

19. ZeroCator

Zerocater

ユーザーニーズ: オフィスやイベントでケータリングを頼みたい。でも彼はあれが嫌いで、上司はこれが嫌いで、そんなことを考えてメニューを選ぶのは大変

ソリューション: オフィスなどへランチを届けてくれるサービス。事前に好みを伝えておくことで、それに合わせたメニューで対応してくれる

価格形態: オーダーする人数によって変動

20. BarkBox

bb

ユーザーニーズ: 愛するわんちゃんのために、ごはんやおやつを与えたいが、何を買ったらいいか分からない。毎回買いにいくのが、面倒くさいので、定期的に届けてくれるサービスが欲しい

ソリューション: 犬の大きさに合わせて月に一度、スナックやドッグフード、遊び道具などを自宅まで届けてくれる。定期的に、様々な商品をわんちゃんに提供できることが、ユーザーの継続的な購買に繋がる

価格形態: $19/月

 

まとめ

上記の食品系サービスの共通点として見られるのは、忙しくて自宅やオフィスからサービス提供を受けたいと願うターゲット層を想定していることだ。食品オンラインオーダーサービスの発達によって自宅とレストランなどの距離的、時間的問題が解決され、さらに様々なレストランの存在や食品のトレンドが身近に感じられることだろう。

食品オンラインサービスがあまり密着していない日本とは事情が少し異なり、アメリカでは既に上記のような食品系スタートアップ市場が盛り上がっている。しかしながら、日本独自の「出前文化」を土台とし日本市場でも近い将来、フード系スタートアップのサービスが興隆することは間違いないだろう。

◆本記事はfreshtrax (運営:btrax)からの提供記事です。(元記事公開日:2013年5月29日)

情報提供元:BUSINESS LIFE
記事名:「【ネットで気軽にオーダー】海外で話題のフード系サービス20選