bitFlyerが東証一部上場の不動産会社にビットコイン決済サービス提供

国内最大規模の仮想通貨取引所bitFlyerが、リノベーションマンションの供給を行うスター・マイカ株式会社に、ビットコイン決済サービスを提供すると発表しました。
東証一部上場の不動産会社への決済導入は日本初の事例となるそうです。

bitFlyerのビットコイン決済サービス提供、概要は?

以下、プレスリリースより引用

スター・マイカへのビットコイン決済サービス提供のお知らせ

国内最大*の仮想通貨・ブロックチェーン企業である株式会社 bitFlyer(本社:東京都港
区、代表取締役:加納 裕三、以下、「当社」)は、リノベーションマンションの供給を行
うスター・マイカ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:水永 政志、以下、「スタ
ー・マイカ」)に対し、ビットコインによる決済サービスの提供を開始したことをお知ら
せいたします。東証一部上場企業の不動産会社では初めての導入事例となります。

決済には「bitFlyer ウォレット」を使用し、1 会計につき 5,000 万円相当のビットコイン
を上限にお支払いが可能となります。決済は QR コードが表示されたタブレットの画面をお
客様のスマートフォンカメラで読み取る仕様となっており、数秒で決済完了となります。

【スター・マイカにおけるビットコイン決済サービス概要】

サービス対象:スター・マイカ子会社 スター・マイカ・アセット・パートナーズが扱う不
動産物件の売買代金
決済方法:「bitFlyer ウォレット」を使用
決済上限: 1 会計につき 5,000 万円相当のビットコイン

【スター・マイカ株式会社について】

スター・マイカは、リノベーション中古マンションの企画・販売・仲介、不動産投資コン
サルティング、不動産管理業務を展開しております。賃貸中の中古マンションという売買
機会の少ない市場にフォーカスし、賃貸と売買から安定的に収益を生み出す“ユニークな
ビジネスモデル”を構築した点が、高く評価され、ポーター賞を受賞しています。

スター・マイカ コーポレートサイト:https://www.starmica.co.jp

【当社について】

当社は、SMBC ベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、第一生命保険、三菱 UFJ キ
ャピタル、三井住友海上キャピタル、リクルートストラテジックパートナーズ、電通イノ
ベーションパートナーズ、SBI インベストメント、GMO VenturePartners、QUICK、ベ
ンチャーラボインベストメントなどから出資を受けている国内最大の仮想通貨・ブロック
チェーン企業です。FinTech の領域において仮想通貨・ブロックチェーンの技術開発を通
じたイノベーションを目指し、仮想通貨総合プラットフォーム bitFlyer の運営、およびブ
ロックチェーンの調査・分析、プライベート・ブロックチェーン「miyabi」を活用した新
サービスの研究開発を行っています。

当社コーポレートサイト:https://bitflyer.com
ブロックチェーン「miyabi」の特長:https://bitflyer.com/miyabi
ブロックチェーン「miyabi」の紹介動画:https://youtu.be/SxHZI08yhZ0

* 当社はビットコイン月間取引量、仮想通貨取引サービス利用率、仮想通貨取引アプリ利用率において国内最大となりました。調査委託先マクロミル(2018 年 2 月、インターネット調査「仮想通貨・暗号通貨取引サービスに関するアンケート」)、Bitcoin 日本語情報サイト調べ。2016 年 4 月~2018 年 1 月、国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む)

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社 bitFlyer 広報担当 金光 碧
〒107-6208 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー8F
HP:https://bitflyer.com
Contact:https://bitflyer.com/ContactPage

情報提供元:BITDAYS
記事名:「bitFlyerが東証一部上場の不動産会社にビットコイン決済サービス提供