カーシェアリングのデメリットは?注意点やおすすめサービスを紹介

カーシェアリングは、車を所有するまでもないものの、車を利用する機会が多い家族にも向いたサービスとなっています
便利な半面、デメリットも少なからず存在しているのも事実です。
ここでは、カーシェアリングのデメリットや注意点を解説するとともに、おすすめサービスを紹介します。

カーシェアリングについて詳しくはこちら

カーシェアリングとは?


カーシェアリングとは、特定の自動車を複数人でシェアして、好きなときに車を借りることができるサービスです。
個人間でのカーシェアも可能ですが、一般的にはカーシェアリングサービスに会員登録して、利用することになります。
レンタカーでも車のレンタルができますが、カーシェアの場合は15分程度の単位で車を借りることが可能であり、短時間の利用の場合はレンタカーより割安です。

主な用途としては、家族の送迎や買い物などの用事だけでなく、気分転換のドライブやペーパードライバーを回避するためにシェアするという例があります。
自宅に所有車がないものの、短時間かつ高頻度で車を使用したい方におすすめのサービスです。

dカーシェアは乗るたびにdポイントが貯まるのでおすすめ!

カーシェアリングのデメリットを理解しよう


カーシェアリングでは、次のようなデメリットもあるので、利用する上ではしっかり把握しておきましょう。

乗り捨てや時間延長ができない

レンタカーの場合は、返却時間を伝えますが多少遅れても遅延料金を支払えば対応してもらえます。
また、行き先に系列のレンタカー会社があれば乗り捨てることも可能です。

カーシェアの場合は基本的に乗り捨てができません。
一部カーシェアリング会社では空港乗り捨てサービスなどが用意されていますが、基本的には借りた場所に返却する必要があります。
また、時間に関しても15分単位で借りることができる反面、最初に決めた時間から延長することは基本できません。

長時間の利用時は料金が高くなる

カーシェアは、基本的に数時間や半日などの単位で利用するサービスです。
短時間で利用する上では料金的にレンタカーよりもお得感があるのですが、逆に長期間の利用となると割高になります。
また、カーシェアリングサービスの場合、基本料金のほかにも月額料金がかかることが多いのです。
基本会員の場合は、月1,000円程度と決して高額ではありませんが、長期的なスパンで見るとレンタカーよりも割高感があるのが実情になります。

車内清掃を自分で行う必要がある

カーシェアリングは、自分の車に近い感覚で利用できます。
その反面、車内清掃に関しては自分自身で行う必要があるため、返却後に清掃する時間を見込んでおく必要があります。
また、自分の前に借りていた方が清掃を怠ると、汚れた状態で使用しなければならず、不快に感じることがあるかもしれません。

外装が汚い場合もある

内装同等に、外装も自主的に洗車しなければなりません。
レンタカーよりも傷などに敏感ではないので、傷が多い車に乗らなければならない可能性もあるのです。
明らかに破損している場合は代車が用意されますが、レンタカーと違って手間がかかることもあります。

カーシェアリングのメリットは?


デメリットもありますが、メリットも多いことがカーシェアリングの魅力です。
主なカーシェアリングのメリットは、以下があります。

車に関するランニングコストがかからない

車を保有していると、当然購入時に本体価格を支払う必要が生じます。
また、初期費用だけでなく車検などの定期的なメンテナンスやタイヤなどの消耗するものを交換しなければならず、お金がかかるものです。
その点、カーシェアリングでは利用料金に全てこの費用が含まれていることもあり、大きな負担なく利用することができます。

短時間の利用ができる

レンタカーの場合、基本は1時間単位での利用となります。
カーシェアリングサービスの場合、15分単位で借りることができるので、30分もあれば用が足りるような送迎などにも、お得にレンタルすることができます。

シーンなどによって車種を変更できる

車を保有していると、買い換えない限りは同じ車をずっと乗り続けなければなりません。
ただ、シーンによっては軽自動車で良い場合もありますし、家族でお出かけする場合はミニバンなどの大人数が乗れる車が必要です。
カーシェアリングの場合、用途や気分などに応じて車種を変更することができます。
また、憧れの車に乗ってみたい場合や、車を購入する前の試乗という意味合いで利用することも可能です。

ガソリン代は割引になる場合がある

カーシェアリングサービスによっては、ガソリン代が割引になるサービスが付帯している場合があります。
また、各種割引チケットが付いているケースもあります。

カレコはスマホやSuicaで利用できるので初期費用0円

カーシェアリングを利用する上での注意点は?


カーシェアリングする上で、注意すべき点もあります。
主な注意点は、以下の通りです。

ステーションの広さを確認しておく

カーシェアリングでは、ステーションと呼ばれる車の出発着地点があります。
このステーションが狭い場合があり、駐車するのに苦労するケースがあるのです。
場合によっては、隣の車にぶつかってしまい、車にダメージを与えてしまう可能性もあります。
事前にステーションの広さを確認してから利用することがおすすめです。

ガソリンの残量をチェックする

カーシェアリングでは、ガソリンが半分になったら給油することが多いため、半分近い残量の状態から乗り始めることも想定されます。
長距離のドライブを伴う場合、まずはガソリンの残量をチェックしておき、必要に応じて給油してから使用しましょう。

傷の有無をチェックする

レンタカーの場合、まずは事前に車の外装状態をスタッフとともにチェックします。
ただ、カーシェアリングの場合は事前チェックは行うことはありません。
もし大きな傷が付けてしまい、それを報告しないと最悪の場合は会員取り消しなどの重い処分を受けることもあります。
レンタカーと同様に、まずは自分自身で傷の有無をチェックして、傷がある場合は素直に報告して対応してもらうようにしましょう。

カーシェアリングのおすすめサービスを紹介


いくつかあるカーシェアリングサービスでおすすめのサービスを紹介します。

dカーシェア

dカーシェアは、初期費用と月額基本料がかからないサービスです。
15分230円とリーズナブルな費用となっており、オリックスカーシェアやカレコなどのサービスの中から選択できます。
輸入車メーカーのレンタカーサービスも行っているのです。
dカーシェア専用プランがあり、短い時間の利用から6、12、24時間パックもお得感があります。
利用時にはdポイントが付与されるので、よりお得にカーシェアリングしたい方に向いたサービスです。

カレコ

カレコは、予約時間が6時間以内の場合は距離料金がかからないカーシェアリングサービスです。
10分料金とパック料金を組み合わせることで、自動的に最安の時間料金が適用されるのでお得感があります。
夜間パックがあり、18時~翌朝9時は特にお得な料金で利用可能です。
ガソリンが少なくなったら、車内にある給油・洗車カードで給油できるので、ガソリン代もかからない点も魅力があります。

カーシェアリングのデメリットをしっかり理解した上で利用しよう


カーシェアリングは便利な反面、デメリットも存在しています。
デメリットについては、しっかりと理解しておくと後で後悔することがありません。
カーシェアで、気軽に生活の中で車を活用しましょう。

dカーシェアは乗るたびにdポイントが貯まるのでおすすめ!

情報提供元:BITDAYS
記事名:「カーシェアリングのデメリットは?注意点やおすすめサービスを紹介