日本アカデミー賞受賞「新聞記者」がNetflixでオリジナルシリーズ化 主演は米倉涼子

2019年に公開された映画「新聞記者」が、Netflixのオリジナルシリーズとして2021年に配信することが発表されました。

2021年に全世界配信へ

「新聞記者」は、東京新聞に所属する記者・望月衣塑子による同名の著作を原作とした映画であり、藤井道人が監督を務めています。

日本と韓国のハーフである新聞記者・吉岡エリカと、内閣情報調査室の官僚・杉原拓海の対峙と葛藤を描いた社会派サスペンスフィクションであり、吉岡エリカをシム・ウンギョン、杉原拓海を松坂桃李が演じたほか、本田翼、岡山天音、郭智博、長田成哉なども出演しています。

2019年に公開され、第43回日本アカデミー賞では6部門を受賞した本作ですが、Netflixにおいてオリジナルシリーズとして制作が決定しました。

2021年にNetflixから全世界に向けて配信を予定しており、米倉涼子が主演、映画版と同じく藤井道人が監督を務めるとのことです。

なお、Netflixでは映画「新聞記者」を見放題で配信中です。

※紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はNetflixの公式ホームページにてご確認ください。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「日本アカデミー賞受賞「新聞記者」がNetflixでオリジナルシリーズ化 主演は米倉涼子