Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)が見れないときに考えられる原因や解決方法は?

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)とは、ドラマや映画、アニメ、バラエティー番組など多くの動画を扱っている動画配信サービスです。
しかし、そんなアマゾンプライムビデオでは、「アマゾンプライムビデオが見れない」「ぐるぐるマークが消えない」といったトラブルが生じてしまうことがあります。
今回はアマゾンプライムビデオを快適に視聴するために、アマゾンプライムビデオが見れないときの原因と解決方法を紹介します。

Amazon Prime Videoについて詳しくはこちら

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)が見れないときに考えられる原因は?


アマゾンプライムビデオが見れないときに考えられる原因はいくつかあります。

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)の配信方法による原因

アマゾンプライムビデオは「プログレッシブダウンロード方式」という動画配信方法をとっています。
そんなプログレッシブダウンロード方式は、動画データをパソコンやスマートフォンにダウンロードしながら再生する方法であり、通信状況の良し悪しで影響を受けるのが特徴です。
また、プログレッシブダウンロード方式は動画データをスマートフォンやタブレット、パソコンのメモリに保存しながら再生します。
つまり、同時並行で動いているアプリや通知、デバイスの空き容量の影響も受けてしまうということです。

Amazonプライム会員の支払いによる原因

アマゾンプライムビデオが見れないときは、Amazonプライム会員の支払いに問題がある可能性もあります。
Amazonプライム会員継続を行わなかった場合やクレジットカード番号を変更した場合、クレジットカードの支払い残高が足りない場合などがあるため、注意が必要です。

モバイルデータ通信による原因

アマゾンプライムビデオはモバイルデータ通信でも動画を視聴することができます。
しかし、モバイルデータ通信で動画を見る場合、視聴しすぎることでモバイルデータ通信の利用制限がかけられてしまうことがあります。
モバイルデータ通信の制限によってアマゾンプライムビデオが見れない状況に陥ることがあるため、注意しましょう。
また、Wi-Fiルータを利用している場合でも、「〇日で〇GB以上利用すると制限対象」といった一時的に通信速度制限をかけられることがあります。
動画の視聴は通信量が多くかかるため、動画の見過ぎに注意をする必要もあります。

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)の配信期限による原因

アマゾンプライムビデオで配信されている動画のなかには、配信期限がある作品もあります。
そのため、途中まで再生していた作品の続きを見ようとしたら、すでに配信期限が切れて見れないということもあります。
動画の配信期限があるものは注意をしておきましょう。

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)が見れないときの解決方法


アマゾンプライムビデオが見れないときに考えられる原因を紹介してきました。
しかし原因が分かっていても、ぐるぐるマークが消えない、再生が上手くいかないということもあるでしょう。
続いては、アマゾンプライムビデオが見れないときの解決方法について紹介します。

メモリの空き容量を確保する

アマゾンプライムビデオは、デバイスのメモリ空き容量が少ない場合、保存できる容量が確保できず、動画が見れないことがあります。
デバイス内の不要なデータを削除するか、利用していない不要なアプリを削除してメモリの空き容量を確保しましょう。
メモリの容量が足りず、アマゾンプライムビデオが見れない場合、空き容量を確保することで不具合を解消することができます。

キャッシュを削除する

スマートフォンやタブレット、パソコンなどにはキャッシュ(一時的に保存されたデータファイル)が蓄積されています。
キャッシュがあることで、一度表示したことがあるページに再度アクセスしたときに素早く表示できるというメリットがありますが、キャッシュの蓄積はブラウザを圧迫していきます。
つまり、キャッシュの蓄積で動作が重くなってくることがあるのです。
動作が遅くてアマゾンプライムビデオが見れない場合、メモリ空き容量を確保するのと同時に、キャッシュも削除をしておくと動作がスムーズに行われる可能性があります。

アプリを同時起動しない

ブラウザだけではなく、アマゾンプライムビデオ以外のアプリも同時に起動させているとその分だけメモリが圧迫されてしまいます。
メモリが圧迫されることで、スマートフォンやタブレットなどのデバイスの動作が遅くなって動画が見れない、端末本体の熱暴走により強制終了してしまう、といった不具合が生じてきます。
スマートフォンやタブレットなどでアマゾンプライムビデオを見る場合は、アプリを同時起動せず、使用していないアプリは終了するようにしましょう。

アプリ・デバイスを再起動する

動画を見ている途中で突然止まって動かなくなったり、急に再生が遅くなったりした場合は、アプリやWebページのアマゾンプライムビデオを再起動させましょう。
多くの場合は、アマゾンプライムビデオを終了させて再起動すると改善します。
しかし、動画だけではなくスマートフォンやタブレット、パソコン自体が固まってしまうこともあるでしょう。
その場合は、電源ボタンを長押しして強制終了させることで解消することが多いです。
ただし、強制終了させる場合は作業中データが消失する可能性があるため、画面が固まって何もできないときのみ強制終了をするようにしましょう。

PINコードを編集する

アマゾンプライムビデオを利用する際、5014や5016といったエラーコードが表示されて、動画が見れないということがあります。
この5014や5016といったエラーコードが出る場合、PINコードに何かしらの問題が発生している可能性があります。
問題を解決するには、アマゾンプライムビデオの視聴を一旦やめ、数分待ってから視聴を再度試すか、アマゾンプライムビデオの設定にアクセスしてPINコードを編集しましょう。

アカウントの詳細が正しいことを確認する

そもそも、アマゾンプライムビデオ自体にログインできず、動画が見れないという方もいるかもしれません。
アマゾンプライムビデオにサインインできない場合、使用するアカウントIDとパスワードが間違っていないかを確認しましょう。
また、一時的な接続障害によってサインインに問題がある可能性もあります。時間を空けて再度ログインを試してみてください。

ネットの回線・接続を確認する

これまで紹介した改善方法を試してみたけれど、動画の再生がスムーズにいかず、ぐるぐるしたマークが消えないという場合は、ネット回線の接続に問題がないかを確認してみてください。
特にアマゾンプライムビデオはプログレッシブダウンロード方式(動画データをパソコンやスマートフォンにダウンロードしながら再生する方法)のため、インターネットとの接続状況が不安定になると動画が見れない事態に陥りやすいです。
一度Wi-Fiの電波状況やモバイルデータ通信の状況を確認してみましょう。
また、勝手に近くのWi-Fiの電波を拾って接続している可能性もあるため、Wi-Fiの自動検索設定はオフにしておくと良いです。
また、アマゾンプライムビデオに限らず、夕方から深夜にかけては、回線が混雑して通信速度が遅くなってしまうことが多いです。
特に電波が弱くなりやすいモバイルWi-Fiルータでは動画のダウンロードに時間がかかります。
あらかじめスムーズに動画が見れる昼間などにダウンロードしておき、オフライン状態で動画を見るようにすると良いでしょう。

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)が見れない時は回線の混雑していない時間を狙おう


今回は、アマゾンプライムビデオで動画が見れないときの原因と解決方法を紹介してきました。
アマゾンプライムビデオで動画が見れない原因は、アクセス集中によるインターネット回線の問題や、デバイスに余分なデータやアプリによるメモリへの負荷による問題がほとんどです。
なるべくスマートフォンやタブレット、パソコン内の余計なデータはまめに消し、回線の混雑していない時間を狙って視聴することをおすすめします。
また、回線が混雑していない時間であれば、動画をダウンロードしやすくなるため、あらかじめ動画をダウンロードしてオフラインで動画を視聴すると良いでしょう。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)が見れないときに考えられる原因や解決方法は?