メルカリ、イトーヨーカドーで梱包資材を7月1日より発売 中型ダンボールも取扱い

フリマアプリのメルカリが7月1日(水)より全国のイトーヨーカドーにおいて、販売した商品を梱包できるオリジナルの梱包資材を販売開始します。

店頭初となる中型梱包資材も展開

メルカリでは、ユーザーから梱包資材を簡単に入手できるサービスの要望が寄せられたことを受け、2019年10月よりローソン・ファミリーマート・セブンイレブンにおいてオリジナルの梱包資材を販売しています。

現在は約40,000店舗に展開されており、2019年10〜12月で約230万個の梱包資材を販売。ユーザーからは「便利になった」と好評を博しています。

今回、新たにメルカリの梱包資材を販売するイトーヨーカドーでは「お客さまの“今日”のニーズにお応えする優れた商品や、お客さまにご満足いただける品揃え」を徹底しており、店頭ではコンビニで販売してきたネコポス用段ボール箱や宅急便コンパクト専用箱に加えて、初となる中型サイズ用(60サイズ・80サイズ)梱包資材も取り扱います。

メルカリはこれにより「梱包資材をどこで入手したらよいかわからない」というユーザーの悩みを解決し、より便利にサービスを利用できるようにするとしています。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「メルカリ、イトーヨーカドーで梱包資材を7月1日より発売 中型ダンボールも取扱い