Netflix、国内映画・ドラマ制作者を支援する基金設立

Netflixが5月22日(金)、「Netflix 映画・テレビドラマ制作従事者支援基金」の設立を発表しました。

制作延期・停止で困窮する制作者を支援

「Netflix 映画・テレビドラマ制作従事者支援基金」は、新型コロナウイルスの影響で制作が延期・停止となった日本国内の映画・ドラマの制作に従事するフリーランスやスタッフの中でも、生活に大きな影響を受けている人々を短期的に支援することを目的に設立されました。

本基金は、制作・技術部門におけるメインスタッフ、アシスタント、コーディネーターなど1,000名が対象となり、一口10万円を支給するとしています。
5月28日(木)13:00頃〜6月末日まで先着順で募集を受付予定であり、応募数が支給可能額に達した時点で終了となります。

なお、本基金では、特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)に募集から支給までを委託。
また、Netflixは3月に設立したクリエイティブ業界を支援する目的で設立された基金より、約1億円をVIPOに拠出しています。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「Netflix、国内映画・ドラマ制作者を支援する基金設立