PayPay、東京都税の支払いに対応へ 自動車税は6月1日限定

スマホ決済サービスPayPayの「PayPay請求書払い」において6月1日(月)より、東京都が発行する税金の請求書に対応します。

税金の支払いで最大1.5%還元

「PayPay請求書払い」は、公共料金や通販の請求書に記載されたバーコードをPayPayのアプリで読み取ってその場で支払えるサービスです。
支払いのたびにPayPayボーナスが貯まり、支払額の最大1.5%が還元されます。

今回、「PayPay請求書払い」が東京都が発行する固定資産税・都市計画税(23区内)、固定資産税(償却資産)(23区内)、不動産取得税、個人事業税、自動車税種別割の納付書に対応することが発表されました。
これにより、東京都の各税金をPayPayで支払えるようになります。

なお、自動車税種別割の納期限は毎年5月31日ですが、2020年は日曜日にあたるため、納期限が6月1日(月)となります。
そのため、PayPayによる自動車税種別割の納付は6月1日(月)のみ可能です。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「PayPay、東京都税の支払いに対応へ 自動車税は6月1日限定