医療相談アプリLEBER、茨城県の全世帯へ無償提供 家族4名まで対応

茨城県とAGREEが4月9日(木)より、医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」を茨城県の約120万世帯へ無償提供を開始することが発表されました。

すべての身体・心の不調が相談対象に

AGREEが提供する「LEBER」は、スマートフォンから24時間医療相談ができるアプリです。

新型コロナウイルスの感染拡大が続き、オンライン診療における初診が正式に決定する中、茨城県の約120万世帯を対象に本日4月9日(木)から「LEBER」の無償提供がスタートしました。
これにより、茨城県内全域から遠隔医療相談が無料で行えるようになります。

茨城県における無償提供期間は9月30日(水)まで。回数無制限で24時間無料で相談でき、家族4名まで(相談者を含めて5名)が対象となります。
また、全国17万件以上の医療機関を検索できるほか、過去の相談や回答内容の閲覧・参照も可能となっています。
医療相談は新型コロナウイルス関連に限らず、すべての身体・心の不調に関する相談にも対応するとしています。

なお、今回の取り組みの体制整備にあたり「総合守谷第一病院」「竹村内科腎クリニック」「県西在宅クリニック」「松島クリニック」「悠翔会クリニック」「メドアグリクリニック」から協力を得ることができたとのことです。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「医療相談アプリLEBER、茨城県の全世帯へ無償提供 家族4名まで対応