チリ、イーサリアム上で国のエネルギーデータを管理

チリ政府のエネルギー関連規制組織である「国家エネルギー委員会(CNE)」は、イーサリアムのブロックチェーンネットワークを利用して国のエネルギー分野におけるデータを記録するプロジェクトを立ち上げました。

チリは国家レベルでブロックチェーン技術を活用

このパイロットプロジェクトは、ブロックチェーン技術を用いて、データの安全性、正確性、透明性、容易なアクセスを実現することを目指すものです。CNEは「チリのエネルギー部門は、ラテンアメリカにおけるブロックチェーン活用のパイオニアとなる」とツイートしています。

また、エネルギー大臣であるSusana Jiménez(スザナ・ジメネズ)氏は、以下のように述べました。

公共部門の情報は、投資の決定、公共政策の立案、社会サービスに役立つ新たなツールの設計などのために重要な判断材料となる。技術、経済、労働などの分野で決定を行う際、利用者の多くがこの種のデータを参照するのはそのためである。私たちはこのブロックチェーン技術を用いることで、提供されるデータを利用する関係機関、投資家、一般市民からより高いレベルの信用を獲得することができる。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「チリ、イーサリアム上で国のエネルギーデータを管理