ソフトバンク、5G車両間通信を活用したトラック隊列走行に成功

ソフトバンクとWireless City Planningが、5Gの新たな無線方式「5G-NR」を活用し、新東名高速道路でトラック隊列走行に成功したことが分かりました。

車間距離10mの安定した隊列走行を実現

実証実験は2月27日(木)・28日(金)の2日間、新東名高速道路の試験区間約20kmで実施。
時速約80kmで走行する3台のトラック車両間で、5Gの車両間通信を活用して位置情報・速度情報・操舵情報などを共有し、目標車間距離10mでの協調型車間距離維持制御に加えて、リアルタイムで後続車両の自動操舵制御を行いました。

トラックは先頭車両が有人運転、後続車両が自動運転で先頭車両を追従。
高速道路で一般車両が走行する中、トンネル内を含んだ試験区間において10mという短い車間距離での安定した隊列維持に成功したとのことです。

ソフトバンクとWireless City Planningは今後も、トラック隊列走行の早期実用化に向けて引き続き実験を推進していくといいます。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「ソフトバンク、5G車両間通信を活用したトラック隊列走行に成功