電子マネーのチャージ方法、使い方を種類別に紹介!

電子マネーでの支払いサービスは多様化しているため、なんだか使うのが難しそうと感じることもあるかもしれません。
この記事では、主要電子マネーの使い方をチェックし、チャージや支払いの手順を確認していきます。
WAON、nanaco、iD、楽天Edy、QUICPay、Suicaといった今話題の電子マネーに興味がある場合は、ぜひこの機会に基本的な使い方をマスターしておきましょう。

電子マネーについて詳しくはこちら

電子マネーはどれも使い方は簡単!


電子マネーに分類されるサービスはさまざまで、その多くがとてもシンプルで簡単な機能でできています。
誰でも気軽に使える簡単さが備わっているので、一度使い方をマスターすれば、その後も利用を継続しやすいでしょう。
それぞれの種類ごとに利用できるお店や形式が変わりますが、基本的な内容に大きな変わりはないのも特徴です。
まずは以下を参考にそれぞれの使い方をチェックし、電子マネーという存在に慣れてみることをおすすめします。

WAONの基本的な使い方


WAONは、イオングループが発行する犬のキャラクターがトレードマークの電子マネーです。
毎月のお得なポイント還元セールによって、お得な体験がしやすいのが特徴です。
日本全国で51万カ所以上の提携店舗があるので、多くの買い物シーンで活躍してくれるでしょう。

WAONでの支払い方法

WAONの支払い方法は、下記のような流れで進められます。

  1. WAONで支払いを行うことを申し出る
  2. レジにあるリーダライタ(読み取り機)にWAONをタッチ
  3. 「ワオン!」という鳴き声がしたら支払い完了

WAONのチャージ方法

WAONを利用する際には、事前に現金かポイントをカードにチャージする必要があります。
現金のチャージの場合は、イオンの店舗などレジでチャージ可能です。
カードでもアプリでも、現金であればその場でチャージすることができます。

また、アプリにクレジットカードを登録すれば、いつでも必要なタイミングでチャージをすることができます。
アプリならチャージボタンから簡単に入金を進められるので、クレジットカードの登録を行うのもおすすめです。

他にもチャージにはいくつかの手段があり、以下のスタイルから選ぶことが可能です。

・レジでポイントからのチャージ
・イオンの店舗に設置されているWAONチャージャーを使う
・イオン銀行にあるATMからのチャージ
・WAONステーションでチャージ(クレジットカードでの利用時)
・WAONモバイルアプリでチャージ(Android端末のみ)
・オートチャージ機能での自動チャージ

特に、支払い後の残高が一定の金額を下回ると自動的にチャージが行われるオートチャージ機能は、便利なシステムです。
事前の申請が必要ですが、200円のチャージごとに1ポイントが付与されるので、支払いの時のポイントと合わせて還元率を2倍にすることができるのです。

WAONポイントを貯めるならイオンクレジットカードがおすすめ!

nanacoの基本的な使い方


セブンイレブンなどでお馴染みのnanacoも使い方はとても簡単です。
コンビニやスーパーなどで幅広く使えるので、まずは利用の流れをチェックしましょう。

nanacoでの支払い方法

nanacoを使って支払う方法は、以下の通りです。

  1. 商品をレジに持っていき、nanacoで支払うことを申し出る
  2. レジにある読み取りリーダにnanacoのカードやnanacoモバイルをかざす
  3. ピュリーン!という音が鳴ったら支払い完了

nanacoのチャージ方法

nanacoにチャージを行いたい場合には、基本的に店頭のレジにて行います。
店員にチャージしたいことを伝えて、金額分の現金かクレジットカードを提示します。
nanacoのカードもアプリのnanacoモバイルの場合も、両方レジでのチャージが可能です。

nanacoモバイルの場合、クレジットカードを登録することで、アプリ内でのチャージを行うことも可能です。
どこでもチャージを行えるので、まずは事前にクレジットカードを登録しておきましょう。

他にもnanacoでは、さまざまなチャージ方法が用意されています。

・オートチャージによる自動入金(一部のクレジットカードのみ)
・ポイントを電子マネーに変換する
・セブン銀行ATMからチャージ
・nanacoチャージ機からのチャージ

nanacoポイントを貯めるならセブンカード・プラスがおすすめ!

iDの基本的な使い方


多くのカードやスマホ端末との連携が魅力のiDも、簡単に支払いが行えます。
黄色いiDマークがあるお店で利用できるので、近くに該当店舗がある人は利用を検討してみましょう。

iDでの支払い方法

iDを使っての支払い方法は、以下の方法で進められます。

  1. 対応している店舗にてiDで支払いたいことを伝える
  2. iDカードやスマホ端末をお店のレジにかざす
  3. 支払音が鳴るのを確認して、支払完了

iDのチャージ方法

iDには複数の支払いスタイルがありますが、プリペイド型の支払い方法を使っている場合には、事前のチャージが必要です。
チャージ方法は、iDに登録しているサービスごとに異なるため、利用前に詳細を確認しておきましょう。
クレジットカードと紐付けるポストペイ型や、口座から直接引き落とすデビット型なら、チャージの手間がかかりません。

楽天Edyの基本的な使い方


ネットショッピング大手の楽天は、電子マネー楽天Edy にも力を入れています。
利用先も広がっているため、楽天Edyの使い方をこの機会にチェックすることもおすすめです。

楽天Edyでの支払い方法

楽天Edyの利用方法は、以下の流れで進められます。

  1. 利用可能な店舗で楽天Edyを使いたいことを伝える
  2. レジにある読み取り端末にカードやスマホをかざす
  3. シャリ〜ン!という音が鳴ったら支払い完了

楽天Edyのチャージ方法

楽天Edyのチャージは、支払いができる一部加盟店のレジにて行うことができます。
チャージしたいことをレジスタッフに伝え、楽天Edyのカードやスマホ端末をレジにかざすだけでOKです。

楽天Edyはおサイフケータイにも対応していて、登録したクレジットカードからのチャージを行うことが可能です。
専用アプリを経由すれば、楽天Edyカードにもクレジットカードからチャージが行えるので、支払いのためのカードを準備するのもおすすめです。

他にも楽天Edyは、以下のスタイルでチャージを進められます。

・楽天スーパーポイントからのチャージ
・オートチャージ機能によるチャージ(該当する店舗での支払い時のみ)
・専用端末(Famiポートなど)でのチャージ

楽天スーパーポイントを貯めるなら楽天カードがおすすめ!

QUICPayの基本的な使い方


電子マネーQUICPay も、簡単にキャッシュレス支払いを楽しめるサービスです。 スマホとの連携に優れているため、初めての電子マネーにもおすすめです。

QUICPayでの支払い方法

QUICPayを使っての支払いは、以下の方法で行います。

  1. 店頭でQUICPayを使いたいことを伝える
  2. 専用の端末にカードやスマホをかざす
  3. クイックペイという音声が鳴ったら支払い完了

QUICPayのチャージ方法

QUICPayは紐づけているカードごとにチャージ方法が変わるため、チャージ不要の後払い方式を採用しているクレジットカードなどを選べば、残高を気にせずに支払いが行えます。
チャージの手間をかけたくないときには、QUICPayにクレジットカードを登録することで、より電子マネーの機能が便利に感じられるでしょう。

Suicaの基本的な使い方


交通系電子マネーの代表格であるSuicaは、簡単な支払いとチャージが行えることでも有名です。
買い物だけでなく交通機関の利用時にも役立つので、ぜひ使い方を把握して普段の生活で利用していきましょう。

Suicaでの支払い方法

Suicaの使い方は、基本的に以下の通りです。

  1. 対応店舗でSuicaを使いたいことを伝える
  2. レジの端末にSuicaのカードかモバイルSuicaをかざす
  3. 支払い完了音が鳴ったら支払い完了

SuicaをJRなどの交通機関で使いたい場合には、改札機にタッチしましょう。
残高に問題がなければ、そのまま改札を通って交通機関を利用できます。

Suicaのチャージ方法

Suicaのチャージは、主に駅の券売機とスマホアプリにて行われます。
現物のカードを使っている場合は、駅にある券売機にカードを入れて、必要な金額をチャージしましょう。
アプリのモバイルSuicaを使う際には、登録したクレジットカードからチャージが可能です。
対象のビューカードを登録している場合は、自動で入金してくれるオートチャージを利用することもできます。

他にもSuicaは、以下の方法でチャージできます。

・対応している店舗のレジでチャージ
・JRE POINTを変換してのチャージ
・専用のチャージ機でチャージ

JREポイントを貯めるならJREカードがおすすめ!

電子マネーの使い方は基本的に簡単!この機会に大まかな流れを把握しよう!


各種電信マネーの使い方を見てみると、どれも非常に分かりやすくて簡単です。
慣れてくれば、現金で支払う以上にスムーズな決済が可能です。ぜひこの機会に流れをチェックしておきましょう。
また、チャージ方法にはいくつかのパターンがあるため、自分の使いやすい手段を選択できるのが重要です。いろいろな方法を試して、自分なりに扱いやすいチャージのやり方を探してみるのもおすすめです。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「電子マネーのチャージ方法、使い方を種類別に紹介!